プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

本木雅弘、“約10年ぶり”民放ドラマ出演 “ミスター・ラグビー”平尾誠二さん役で撮影中に10キロ減量

ドラマスペシャル『友情~平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」~』に出演する本木雅弘(C)テレビ朝日の画像

ドラマスペシャル『友情~平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」~』に出演する本木雅弘(C)テレビ朝日

 俳優の本木雅弘、滝藤賢一が初共演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『友情~平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」~』が、11月11日午後9時から放送されることが決定した。本木は今作で約10年ぶりの民放ドラマ出演となる。

【写真】平尾誠二さんの生前…親友・山中伸弥教授との2ショット

 日本代表の活躍で注目の集まる『ラグビーワールドカップ2023フランス大会』。そんな現在のラグビー界の礎を築いたと言われる、ラグビー界の伝説“ミスター・ラグビー”平尾誠二さんと、「ヒトiPS細胞」の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授の知られざる友情物語をドラマ化した。

 平尾(本木)は、日本代表としても活躍した元ラグビー選手で、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼ゼネラルマネージャー。日本代表監督なども歴任し、名実ともに“ミスター・ラグビー”と呼ばれた伝説のラガーマン。「2019年のワールドカップ日本大会を成功させたい」、そして「1試合でもいいから、東日本大震災の被災地・岩手県釜石市で試合を行いたい…」と、熱い思いを抱いていた矢先、彼を襲ったのは突然のがん宣告。

 普通なら狼狽(ろうばい)するところ、持ち前の明るさとおおらかさで「なってしまったもんはしゃあない」と冷静に受け止め、病と闘う決意を固める。そんな平尾を家族とともに支え続けたひとりの親友が、2012年に「ヒトiPS細胞」の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した医師・山中(滝藤)だった。

 今作の撮影初日、「平尾さんを演じるというプレッシャーというか畏れ多さというか…正直、なかなか覚悟がつかないままクランクインを迎えました」と語った本木。その言葉どおり、撮影中も非常に悩み、迷って、苦しんだよう。その姿を目の当たりにした滝藤も、「これだけの俳優さんでもこんなに苦しみながら、迷いながら、平尾誠二さんという人間を作っていくんだなという姿を間近で見せていただいて、すごく刺激を受けました」としみじみ。

 さらに、病に侵されていく様を体現するため、本木は撮影中に10キロ減量するなど、滝藤も感銘を受けた、壮絶ともいえる渾身の役作りで平尾さんに近づいていった。また、山中教授を演じた滝藤も「世界的に有名な方なので、演じることは困難なチャレンジになるだろうと感じていました」と明かす。しかし、「僕の言葉、リアクションはすべて本木さんによって生まれると信じて疑わなかったので、『僕は本木さんしか見ていません』というようなことも、本木さんにお伝えさせていただいた」と、“いかに本木とセッションするか”を考え、役に入っていったという撮影の様子を語った。

 今作の脚本は、『Dr.コトー診療所』(2003年)、『リエゾン‐こどものこころ診療所‐』(2023年)をはじめ、ヒューマンドラマを多く手掛ける吉田紀子氏。大のラグビー好きとしても知られ、生前の平尾さんとも交流のあった吉田氏は、本木とタッグを組んだドラマ『君と出逢ってから』(1996年)で、本木の演じた主人公の名前を平尾さんから取って“誠二”にしたというエピソードもある。

 さらに、主題歌は松任谷由実の「ノーサイド」に決定。松任谷がラグビーの試合を見て感動して書いたという、本作の世界観にマッチする楽曲となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ