プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『転職の魔王様』第10話あらすじ 来栖(成田凌)&千晴(小芝風花)の過去のつながりが明らかに

カンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『転職の魔王様』第10話より(C)カンテレの画像

カンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『転職の魔王様』第10話より(C)カンテレ

 俳優の成田凌が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『転職の魔王様』(毎週月曜 後10:00)の第10話が、18日に放送される。それを前に、あらすじと場面カットが公開された。

【別カット】スーツ姿でりりしい表情!『転職の魔王様』第10話に出演する高橋光臣

 同作は「転職の魔王様」の異名を持つ、毒舌敏腕キャリアアドバイザーが、求職者の仕事や生き方への悩みを辛辣(しんらつ)な言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる、心ゆさぶる“転職”爽快エンターテインメント。成田は転職エージェンシー「シェパードキャリア」の凄腕キャリアアドバイザー・来栖嵐を演じている。

 『シェパードキャリア』の大阪支社設立が決まり、洋子(石田ゆり子)は、その立ち上げを来栖に任せると宣言。早速、来栖は下見のため出張することになり、千晴(小芝風花)はこれを機にひとり立ちすることに。

 来栖の不在に不安を感じていたものの、「お守りから解放されて、晴れ晴れ、爽快です」という嫌みでがぜん、やる気に火がついた千晴。来栖を見返したい一心で、天間(白洲迅)のサポートのもと面談に臨んだのは、大手レストランチェーンに勤務するシステムエンジニアの矢吹健一(高橋光臣)。健一は、妻と2人の娘との将来を考え、給料を今の2倍にしたいという。難しい条件に驚きつつも、家族思いの健一の言葉にすっかりほだされた千晴は、魔王さながらのむちゃぶりで横山(前田公輝)を巻き込み、あるスキルに長けている健一に、異業種への挑戦を提案する。

 千晴に背中を押された健一は、早速面接を受けたいと意気込むが、実は、転職の話は妻の江美里(大西礼芳)に内緒。転職先が正式に決まってから伝えて喜ばせたいというが、後にそれが家族間に大きなひずみを生むことに。

 一方、千晴のもとには、大阪にいる来栖から電話が。引き継ぎの名目だったが、内心では千晴のことが心配だった来栖。千晴もまた、そんなツンデレな魔王様の気持ちがうれしく、健一の一件が順調に進んでいることを得意げに報告する。すると、そんな楽しそうな千晴の様子を離れた場所から天間が見ていた。

 さらに第1話から注目を集めてきた、来栖と千晴の知られざる過去のつながりが明らかになる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ