プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

世界的ダンサー・TAKAHIRO、時代劇に初挑戦 『どうする家康』で直江兼続役

大河ドラマ『どうする家康』に出演するTAKAHIROの画像

大河ドラマ『どうする家康』に出演するTAKAHIRO

 嵐の松本潤が主演する大河ドラマ『どうする家康』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の追加キャストとして、「“直江状”で知られる、上杉景勝の参謀」直江兼続を演じるTAKAHIROの出演が決定した。

【写真43枚】豪華キャスト21人を一挙紹介!2代将軍・徳川秀忠役も決定

 今作が初大河となる松本は、誰もが知る偉人・徳川家康を演じる。国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし、三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する乱世に飛び込む。そして豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者(つわもの)たちと対峙し、死ぬか生きるか大ピンチをいくつも乗り越えていく。

 世界的ダンサー・TAKAHIROが演じる直江兼続は、上杉家の政治・外交を担う参謀。会津の軍備増強を進めていたところ、家康から難癖をつけられると、家康の政治を糾弾する“直江状”を返信、会津征伐のきっかけを生む。

――演じる人物の印象はいかがですか。
直江兼続は、権力や利益に流されず、信念と義を貫く胆力ある偉人の印象があります。組織のナンバー2でトップと対等に政治を動かせる決断力を持ちながら引きどころを心得ている…。私自身普段の活動で同氏と近い立ち位置で物作りをする事が多くあります。そして殆ど同じ年。なので、強い親近感を感じました。同時に、気骨あるその生き方に憧れを強く抱きました。直江兼続を演じるにあたり、個人としての思いと、側近としての考えの2つの気持ちの持ち方を大切に心掛けました。津田寛治さん演じられる上杉景勝と同じ時間を過ごせたことに心が熱くなりました。

――これまで直江兼続に対してお持ちになっていたイメージがありましたら、教えてください。
これまでの直江兼続のイメージは「スゴイ兜かぶった、喧嘩っ早い人」でした。改めて学ぶと「愛するものと信念を守るために困難から目を背けない義の偉人」だと感じました。

――時代劇へのご出演も初めてでしょうか。俳優としての出演で楽しみにしていたことがあれば教えてください。
はい!初めての時代劇でした。思いっきり挑戦できる事がとても楽しみでした!大河ドラマが大好きだった亡き父と祖父の喜ぶ顔が心に浮かんで幸せでした!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ