プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

菅田将暉、古着の魅力語る ほほ笑ましいエピソードも「日本の10代のギャルだと思われているかも」

ライフスタイルWEBマガジン『GOODA(グーダ)』Vol.73(ブランジスタメディア)の表紙を飾る菅田将暉の画像

ライフスタイルWEBマガジン『GOODA(グーダ)』Vol.73(ブランジスタメディア)の表紙を飾る菅田将暉

 俳優の菅田将暉が、15日公開のライフスタイルWEBマガジン『GOODA(グーダ)』Vol.73(ブランジスタメディア)の表紙・巻頭グラビアを飾る。

【写真】整の天然パーマに雪が降り積もる…映画の場面写真

 2022年にはこだわりを凝縮したスタイルブック『着服史』を発売するなど、若者のファッションアイコンである菅田さんがこよなく愛するのが、古着。独自の着こなし方やセレクトのこだわり、身体を鍛えたことによるファッション意識の変化などを話す。また、きょう15日公開の映画『ミステリと言う勿れ』の主人公・整くんの役どころや、共演者との撮影裏話、映画版ならではの面白さについても聞いた。

 古着の利点は現行品と違い、一点で存在感を出せること。保守的になりがちなメンズファッションの中では、アクセントになる貴重なアイテムとなっている。タイトな迷彩Tシャツを取り入れたユーロストリートなコーデやバルマカンコートをカジュアルに着こなす今っぽいコーデなど、古着上級者である菅田の着こなしを紹介する。

 「普段、僕が着ているのは、ほぼ古着です」と語る菅田に令和の古着ブームについてインタビュー。若者から絶大な支持を集める現代のファッションアイコンが考える古着の魅力に迫る。さらに、海外のネットショップで古着を購入した際に「ひょっとしたら日本の10代のギャルだと思われているかも?」と笑ったほほ笑ましいエピソードも披露する。

 特集では、現代の服と古着をミックスさせることで、大人でも取り入れやすくなる「令和の古着コーデ」を紹介するほか、無数の古着の中からレアモノを探す「倉庫型古着ショップへの潜入レポ」、老舗古着店オーナーに聞く「古着の過去・現在・未来の話」など、幅広く古着の楽しみ方を紹介する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ