プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

夢グループ石田社長、女性歌手オーディションを断念「また愛人問題が…」

『橋幸夫フィルムコンサート』公演前取材に出席した(左から)夢グループ・石田重廣社長、進公平、橋幸夫、徳岡純平、小牧勇太 (C)ORICON NewS inc.の画像

『橋幸夫フィルムコンサート』公演前取材に出席した(左から)夢グループ・石田重廣社長、進公平、橋幸夫、徳岡純平、小牧勇太 (C)ORICON NewS inc.

 今年5月に歌手生活を引退した橋幸夫(80)が7日、東京・台東区立浅草公会堂で、『橋幸夫フィルムコンサート』を開催した。今年5月1日に同所で行われた引退公演を貴重な映像作品として再演し、橋自身もトークで出演。さらに、オーディションで選ばれた「二代目橋幸夫yH2」(以下yH2)も出演し、初ステージを迎えた。

【写真】「歌うと社長に怒られる」と話しつつ笑顔を見せた橋幸夫

 yH2は、今年4月に行われた『二代目橋幸夫を探せ!』オーディションによって選ばれた。オーディションでは、川岸明富(21)、徳岡純平(22)、進公平(27)、補欠合格の小牧勇太(42)が合格を勝ち取り、今年5月には橋のファンにもお披露目されたが、川岸が活動辞退を申し出たため3人組ユニットとなり、きのう6日に橋の代表作「恋のメキシカン・ロック」で夢レコードよりデビューした。

 開演前の取材会には、yH2のメンバーと橋、そして夢グループの石田重廣社長が出席。メンバーは口々にコンサートへの意気込みを語り、橋は「お客様の前で橋幸夫の歌をハッキリと歌える機会を楽しんでほしい」とエールを贈った。

 記者から「歌う予定はありませんね?」と確認されると、橋は「私はもう歌手ではございませんのでね」と笑い、「歌うと社長に怒られる。こうやってステージに立つと、歌いたい気持ちも少しは出てきますが、今は別でやりたいことがありますから」と、現在精力的に活動している書や絵への思いを新たにした。

 石田社長も「これからしっかりと歌っていってほしい」と3人を力強く鼓舞。一方で、記者から「女性版オーディションも開催するという話があったが?」と聞かれると、「ちょっと諦めました…」と回答。

 合格者だった川岸について触れながら「今までフラれたことがなかったのに、今回初めてフラれてしまって。でも、学業が相手であれば仕方ない」と悔しがり、「それに女性だとまた愛人問題が出てきてしまう」と、同社所属の保科有里との“愛人疑惑”ネタで笑いも誘う。そして「yH2が1年しっかりと活動してくれたら、また考えてみたいと思います」と意向を示した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ