プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

INI高塚大夢、主題歌作詞への思いを明かす「夢をかなえる上での大切な人の存在を言葉にできたら」

ウクライナ制作のアニメーション映画『ストールンプリンセス:キーウの王女とルスラン』(9月22日公開)完成披露試写会に出席した(左から)工藤ディマ、岡本信彦、高塚大夢(INI)、高橋李依、井上裕介(NON STYLE)の画像

ウクライナ制作のアニメーション映画『ストールンプリンセス:キーウの王女とルスラン』(9月22日公開)完成披露試写会に出席した(左から)工藤ディマ、岡本信彦、高塚大夢(INI)、高橋李依、井上裕介(NON STYLE)

 ウクライナ制作のアニメーション映画として、日本で初めて正式に劇場公開される作品となる『ストールンプリンセス:キーウの王女とルスラン』(9月22日公開)の完成披露上映会が6日、都内のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で実施され、吹き替えを務めたINIの高塚大夢(※高=はしごだか)をはじめ、高橋李依、岡本信彦、NON STYLE井上裕介、工藤ディマが登壇した。

【動画】「大切な人の存在を言葉にできたら」…主題歌作詞への思いを明かしたINI高塚大夢

 主役の吹き替えを務めた高塚は「この映画と向き合ってみて、ウクライナという国の文化の素晴らしさや魅力をすごく感じました。この映画が日本で上映されることにとても意義があると思いますし、少しでも多くの方に届けば良いなと思っております」とコメント。さらに、声優初挑戦だったため、とても緊張していたと言い、「収録の当日ギリギリまで台本を離せず、心臓がドキドキしていて大変でした。でも良いものになったのではないかと思います」と振り返り、会場からは拍手が湧き上がった。

 ヒロイン役を務めた高橋も「ウクライナのアニメーションに触れるのが初めてで、構えていた自分が勿体無いと思うぐらいシンプルに楽しめる物語が詰まっていました。ウクライナの皆さんがどれだけアニメが好きか伝わってくる映像表現ばかりで、それを届けるお手伝いができたらと思った」と思いを伝えた。

 ウクライナのキーウ出身で、本作で映像作品デビューとなる工藤も、収録時も今も緊張を隠せなかったと言い、「日本語をまだまだ磨かないといけない部分がたくさんある中で、初めてのこのような機会をいただけてとてもうれしかったです」と素直な気持ちを明かした。

 そんな声優初挑戦の高塚と工藤の声の演技を受けて、劇中で高塚演じる主人公の親友を演じた岡本は「おふたりに共通しているのはピュアな部分ですよね」とコメント。声優初挑戦でたくさんのせりふがあるキャラクターを演じ切った高塚をねぎらいつつ、「ピュアで全力な姿勢って、その時にしか出ない輝きがあると思うので、そこがルスランにも象徴的に映し出されていた気がしました」と高塚の演技を絶賛した。

 さらに、井上が、収録の後半に高塚の演技がだんだん良くなってきたことから、一度収録した前半パートも撮り直したという高塚の熱量を表すエピソードを披露。また、「NON STYLEのシーンはピッタリ1時間で終わったよ!」と会場の笑いを誘った。

 作品のテーマに掛けて、「命を懸けて守りたいもの」を問われると、まずは岡本が、ブリーチヘアで自身の髪の毛を心配していると明かし、「髪の毛」を守りたいと笑顔で回答。次に、高橋は、「仕事をする上で、作品への愛情を失ったらいけないと思っているので、命を賭けて守りたいです」と仕事への情熱を語った。そして高塚は、INIというグローバルボーイズグループで活動していることも含めて、「ファンの皆さんの存在はすごく大切だと思っています」とコメントした。

 また高塚は、本作の主題歌であるINI「My Story」にて作詞にも初挑戦。「ルスランの心情の変化を言葉にできたらいいなと思い作詞しました。ルスランにとってミラの存在がすごく大きいので、夢をかなえる上での大切な人の存在を言葉にできたらと。INIもファンの皆さんの存在が大きいので、重なる部分があると感じていました」と歌詞に込めた思いを明かした。

 井上が、収録と作詞どちらが先だったのか質問すると、収録を全て終えた後に作詞したとのことで、「その分、ルスランのせりふも全てわかっているからこそ歌詞の言葉を作ることができたのではないかと思います」と振り返った。

 ウクライナから戦争を機に日本へ避難してきた工藤は、今もなお首都・キーウに住んでいる家族や友人より激励の言葉をもらったといい、「ウクライナ版と日本語版の吹き替えをぜひ聴き比べしたい」と言ってくれたとのことで、「家族にとっても私にとってもうれしかったです」という素直な喜びの気持ちと、「日本とウクライナのアニメ文化がつながることが望みです」と、日本とウクライナへの強い思いを語った。

 クラウドファンディングを行い、多くの人々の応援によって公開が実現した本作。そんな本作について問われると、高塚は、「ウクライナの背景を知りながら、少しでも何か力になれたらと思っていた方々が参加してくれたクラウドファンディングだったと思いますが、たくさんの人の思いが詰まった作品ということを知って責任感もありましたし、僕自身も声優として参加できたことにうれしく思いました」と答えた。

 ここで、会場では、オレ・マラムシュ監督からのメッセージ動画が流れ、「日本でのクラウドファンディングの成功は、今のウクライナの状況下で、日本の方から大きな勇気をもらいました」と監督。協力してくださった方々に感謝しつつ、日本語吹き替え版を観た監督は「日本語版のキャラクター等に命を吹き込んでくれてありがとうございました」とキャスト陣に感謝の意を伝えた。さらに、「音楽はユニバーサルな言語です。今作の主題歌が国境を超えたつながりを生むことを願っています」と、本作の主題歌やアニメーションをとして芸術の喜びを感じてほしいという思いを語った。

 監督からのメッセージ動画を受けて、高橋は「(日本語吹き替え版が)完成して監督の元まで届いて、やり切ったというような気持ちを今感じました」、井上も「音楽とかアニメーションは世界共通で伝わるエンターテイメント。たくさんの人の想いが形になったこの作品に参加できたことも光栄ですし、このような輪がもっと広がってウクライナへ届けば良いなと思います」とコメントした。

 最後に、高橋は「今日一番最初に観ていただいた皆さんを皮切りに、これからこの作品と一緒に歩んでいけたらうれしいです」。そして、高塚は「元々声のお仕事はしたいと思っていたので、本作のお話をいただいてうれしいと思うと同時にプレッシャーがありました。そんな中で一から支えてくださった皆さんにこの場を借りて感謝の気持ちを伝えたいです」と感謝の気持ちを伝えて舞台あいさつを締めくく画った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ