プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

奥田彩友&立花琴未、メンバーの想いを胸にIRCランウェイ大抜てき「夢みたいなステージだった」 IDOLATER&CANDY TUNEコラボインタビュー

『IDOL RUNWAY COLLECTION Supported by TGC』に出演した(左から)IDOLATER・奥田彩友、CANDY TUNE・立花琴未の画像

『IDOL RUNWAY COLLECTION Supported by TGC』に出演した(左から)IDOLATER・奥田彩友、CANDY TUNE・立花琴未

 アイドルグループ・IDOLATERの奥田彩友、CANDY TUNEの立花琴未が8月7日、東京・国立代々木競技場第二体育館で開催されたアイドルとファッションの夢の祭典『IDOL RUNWAY COLLECTION Supported by TGC』に出演。ORICON NEWSでは、初めて会ったときの印象や、ライブ・ランウェイステージへの意気込みを聞いた。

【動画】奥田彩友&立花琴未、高身長コンビがIRC大抜てき!初めての出会いを明かす IDOLATER&CANDY TUNEコラボインタビュー

■「夢みたいなステージだった!」(立花琴未)

――『IDOL RUNWAY COLLECTION Supported by TGC』にてライブ・ランウェイステージの意気込みをお願いします。

【奥田】今回は人生で2度目のランウェイで、それでもめっちゃ緊張していたんですけど、ステージ歩いてたら割とみんなが「わーい」とか言ってくれて、心が和んだので安心して歩けて良かったです。

【立花】CANDY TUNEというグループで、オープニングアクトのトップバッターとしてパフォーマンスさせていただいたんですけど、本当に不安で「大丈夫かな?」って緊張の方が強くて、お客さんもどういう反応してくださるんだろうって思ってたんですけど、皆さんペンライトを振ってくださったりして、すごい盛り上がってくれたので、メンバーのみんなで「夢みたいなステージだった!」って言ってたので、グループとしても個人としてもまた出演できるように頑張りたいなと思います。

――CANDY TUNEさんのオープニングアクト出演は割と直前に決まった感じですか?

【立花】私たちも急遽事務所の方からお聞きして「え!なんと!」って思って、アイドルとしても出演できるし、モデルさんというかお洋服を着させていただいて歩けるので、2つの二面性を出せるんだなって思ってすごい嬉しかったし、メンバーがいるから安心って思いました。

――IDOLATERのメンバーから連絡はありましたか?

【奥田】さっきランウェイを歩く直前に「頑張って」とかグループで連絡がきてうれしかったです!

――奥田さんはZipperステージ、立花さんはLARMEステージに出演されますが、衣装のファッションポイントをお願いします。

【奥田】デニムとか辛めのかっこいい感じの服だけど、レースだったりリボンがついてて、MIXされた甘辛コーデみたいで、タンクトップとかも私普段よく着てるので、めっちゃ好きなコーデです。

【立花】今回LARMEさんの企画として出させていただくんですけど、「お人形さんにならないと」って思って、かわいらしい帽子とか普段着るような私服じゃないちゃんとしたお衣装って感じなので、良さを見せられるように頑張ります。

――メイクも普段のアイドル活動してるときとはまた違ったメイクですか?

【立花】普段はアイドルらしい赤系とかピンク系をよく使うんですけど、今回はヌーディな大人っぽい色味を使ったりとか、初めて下まつ毛を付けたんですけど、まつ毛が長くなってうれしいです!

■「もっと成長していけるように」(奥田彩友)

――2人が初対面した時の印象を教えてください。

【奥田】1番初めに会ったとき印象に残ってるのが、めっちゃ身長高いじゃないですか。

【立花】あゆちゃんの方が高いよ!

【奥田】身長高くて、お顔も小さくて、目も「バーンっ!」ってなってて、存在が愛おしくて、お人形さんみたいって思ってました。

――奥田さんから見たCANDY TUNEはどんな存在ですか?

【奥田】7人全員が明るくて元気なイメージで、通るたびに「あー!あゆちゃん!」って言ってくれて、私が7人から元気もらってます。

――立花さんから見たIDOLATERはどんな存在ですか?

【立花】IDOLATERさん歌声が本当に一人ひとり魅力があって、かっこいいクールな歌声だったり、最近はかわいらしいセリフ系の曲とか、私自身もすごい虜になって本当に最近も曲を聴いてて、勉強しないとって思うぐらいの先輩方ですごい心強いです。

――IDOLATERさんはクールでかっこいい楽曲が多いイメージでしたが、最近はかわいらしい楽曲も多いですよね。奥田さんはどちらが歌ってて楽しいですか?

【奥田】パフォーマンスしていて楽しいのは、かわいい系の曲の方が楽しいです!

【立花】すごい意外だったかもしれない!

――今後はかっこいい曲とかわいい曲の二刀流でやっていきたいですか?

【奥田】イベントごとにかっこいい曲とかわいい曲を使い分けていけたらいいなと思ってます。

――最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします。

【奥田】IDOL RUNWAY COLLECTIONを見てくださりありがとうございました。これからももっと成長していけるように、個人としてもグループとしても頑張っていけたらいいなと思ってます。これからも応援よろしくお願いします!

【立花】いつも応援してくださる皆様ありがとうございます。今回個人としてのお仕事だったり、オープニングアクトとしてCANDY TUNEがパフォーマンスをできるという、いろんな活動をやらせていただいてて本当に日々感謝しています。こういう活動ができるのは普段応援してくださる皆様のおかげで素敵なステージに立たせていただいてるので、私も女の子から憧れられる存在になりたいって思っていたので、1つ夢が叶った瞬間だなって思います。CANDY TUNEとしてのパフォーマンスだったり、個人としてのお仕事でも皆様に素敵な瞬間を届けられるように頑張ります。これからもよろしくお願いします!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ