プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

今田美桜『ラストマン』に出演決定 『半沢直樹』以来の日曜劇場出演

日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』に出演する今田美桜 (C)TBSの画像

日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』に出演する今田美桜 (C)TBS

 歌手で俳優の福山雅治が主演、大泉洋がバディ役で共演する、4月23日スタートのTBS系日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』(毎週日曜 後9:00)の追加キャストとして、今田美桜の出演が決定した。

【写真】福山雅治&大泉洋が”無敵のバディ”に…主要キャストを紹介

 同ドラマは、全盲の人たらしFBI捜査官と、犯人逮捕のためには手段を選ばない孤高の刑事が“無敵のバディ”として難事件に挑んでいく姿を描く。脚本は、『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)、『マイファミリー』(2022)年などを手掛ける黒岩勉氏。1話完結の完全オリジナルストーリーで、毎話扱われる事件は今の時代を反映させた内容になっている。さらに“護道家”や“皆実家”の重厚な家族の人間ドラマも見どころだ。

 『半沢直樹』(2020年4月期)以来の日曜劇場に出演する今田が演じるのは、2009年に警視庁刑事部に設置された捜査分析センター(SSBC)の分析官・吾妻ゆうき(あがつま・ゆうき)。PCを駆使して捜査を全面的にバックアップする。吾妻はある理由から以前より皆実のことを知っており、捜査の力になりたいと自ら手を挙げる。捜査一課の面々から冷遇されている皆実の唯一の味方である吾妻は、過去どのように皆実を知ったのか、2人の関係性にも注目だ。

<今田美桜/吾妻ゆうき役>
これまで刑事役は演じたことがありましたが、全盲の捜査官をお手伝いするというのは初めてです。私が演じる吾妻ゆうきは、捜査分析センターの職員。とあることがキッカケで、皆実さんのために頑張りたいという向上心がある子です。私も演じながら一緒に頑張っていけたらと思っています。

台本は読んでいて爽快感もあり、ハラハラドキドキもして演じている私自身もその先の展開が楽しみです。そして、みなさんと同じように福山さんと大泉さんのバディもすごく楽しみで、私はその近くで支えていく役柄なので、お二人の中にどう交わっていけるのか楽しみにしていますし、なにかスパイスになれたらいいなと思っております。私自身としては、日曜劇場が久しぶりなので緊張感を持ちながら頑張りたいです!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ