プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

山本耕史、年齢重ねプロテインを増量「年をとってくると吸収率も下がる」

年齢重ねプロテインを増量したと明かした山本耕史 (C)ORICON NewS inc.の画像

年齢重ねプロテインを増量したと明かした山本耕史 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の山本耕史、土屋アンナ、中川翔子が17日、都内で行われた映画『長ぐつをはいたネコと9つの命』初日舞台あいさつに登場した。

【動画】中川翔子、ネコ愛が爆発!?長ぐつをはいたネコ“プス”をエスコートする神対応

 本作は、同作は『シュレック』シリーズから飛び出した、帽子に羽根飾り、マントと長ぐつがトレードマークの圧倒的な人気を誇る伝説(レジェンド)ネコ“プス”(声:山本)を主人公として生まれた映画『長ぐつをはいたネコ』のシリーズ第2弾。ふと気づくと9つあったはずの命があと1つになったプスが、どんな願い事も叶う「願い星」の存在を聞き、再奮起するストーリー。

 山本は、声を担当したプスのコスプレで登場。「自ら、これを着たいと…!」と望んでコスプレに身を包んだという山本だったが、「僕だけ調子に乗った感じになっていないか心配ですね(笑)」と照れていた。

 吹き替えの難しさについても言及し「本国のお声がすごく渋いので、ちょっと聞き比べたりして、自分で言ってみた声を聞いてみたりしました。声の仕事に関しては、本当に勉強の日々なので、ディレクションをしていただいて、それになんとか食らいついていく感じです」と語った。

 同作の内容にちなみ、「最近、新しい冒険をしたことは?」と聞かれた山本は「1日のプロテインの量を1回増やすぐらいかな」と打ち明ける。一日一回は必ず飲んでいるという山本は「年をとってくると吸収率も下がるので、どんどん取ってった方がいいんですよ」と土屋と中川へアドバイスもしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ