プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

目黒蓮「こんなにもテレビに出ることって今後あるのかな」 驚きの番宣出演本数に共演者も絶句

驚きの番宣出演本数を明かしたSnow Man・目黒蓮 (C)ORICON NewS inc.の画像

驚きの番宣出演本数を明かしたSnow Man・目黒蓮 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・Snow Manの目黒蓮(26)が17日、都内で行われた映画『わたしの幸せな結婚』初日舞台あいさつに登壇した。映画公開初日を迎え、目黒は「きのうまではソワソワした気持ちでしたが、今日は作品を皆さんに届けられると思うと晴れやかな気持ち」と心境を語った。

【写真】大西流星、目黒蓮、今田美桜…豪華キャストが集結!

 目黒は、今作が映画初主演となる。撮影は1年前だったが、今作の番宣のためにさまざまな活動を行ってきた。その例として、表紙を飾った雑誌が35媒体、ゲスト出演番組が33番組だと明かされると、会場にはどよめきが起こった。なにわ男子・大西流星も目を大きく見開き、絶句。コメントを求められると、ウイスパーボイスで「さすがです」と絞り出した。

 目黒は「本当にありがたいことですごくうれしく思います」と感謝。「なかなか人生でこんなにもテレビに出ることって今後あるのかな」と率直な思いを吐露しつつ「そう思うくらい出させていただいてうれしかったです」と一礼した。

 今作は、大正ロマンを思わせる時代を背景に、ある宿命をもつ家系に生まれ、能力のなさや生い立ちゆえに家族から虐げられてきたヒロイン・斎森美世(今田美桜)が、自分を信じて愛してくれる軍隊長・久堂清霞(目黒)と出会い、その人を愛することで、新たな運命を切り開いていくというストーリー。

 最後には「本当にこの日を迎えられたことがうれしいです」と改めてあいさつ。「現代の恋愛では、なかなかぶつからないような壁がこの世界にはたくさんあって。それを2人が思い合ってあきらめないで乗り越えようとしていく姿、諦めない心が見てくださる方に届いたらいいな」と願いを込めた。

 イベントには、今田、前田旺志郎、高石あかり、塚原あゆ子監督も登壇した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ