プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

73歳・火野正平、14年ぶりCD発売に驚き 記者会見は苦手「スキャンダル」思い出し苦笑い

記者会見は苦手だという火野正平 (C)ORICON NewS inc.の画像

記者会見は苦手だという火野正平 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の火野正平(73)が26日、都内で『火野正平ライブツアー2023』取材会を開催し、2月末に14年ぶりとなるCD「あかんたれ」を発売することを発表した。会見には大勢の報道陣が集まり、「えっ!? 30年前のスキャンダルだと…僕は何もしていません!」「(芸能リポーターの)梨元勝さんとかいないの? みんな死んじゃったな ざまーみろ!」と冗談を言いながら驚いていた。

【写真】笑顔を見せる火野正平

 12歳から俳優活動をスタートさせた中、1977年より音楽活動もしてきた火野は、これまで多くのシングル・アルバムを発売している。そんな中で今回、オリジナル楽曲「あかんたれ」をリリースし、3月1日の東京公演(有楽町マリオン)を皮切りに、名古屋、大阪、広島、福岡と全国5ヶ所でライブツアーを実施する。

 火野と言えば“昭和の色男”と言われ、世間を騒がせた時期もあった。そんなこともあり、会見に登場すると、カメラのシャッター音に驚いた様子で「よく来たなみんな…スキャンダルとかもう、知らない時代かもしれないけど、こういうの苦手なんだよ…」と苦笑い。

 緊張しながらも「歌を出すことになり、ライブをやることになり、誰も知らないといけないから伝えてください!」と照れつつ、改めて記者会見の様子に「謝ってばっかりや、危ない橋渡ってばかり!」と人生を振り返っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ