プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

佐野勇斗、NHK夜ドラ主演で売れない漫画家に 雨隠ギド氏『おとなりに銀河』実写化

夜ドラ『おとなりに銀河』で主演を務める佐野勇斗の画像

夜ドラ『おとなりに銀河』で主演を務める佐野勇斗

 ボーカルダンスユニット・M!LKの佐野勇斗が、NHK夜ドラ枠で放送する『おとなりに銀河』(4月3日スタート、月~木 後10:45~後11:00)で主演を務めることが決定した。

【全身ショット】ピンク×グレーでクールに登場した佐野勇斗

 同作は、雨隠ギド氏の同名漫画が原作。売れない漫画家の久我一郎(佐野)と流れ星の民の姫の恋愛初心者の2人がたどる、婚約から始まる優しい恋の物語となっている。

 一郎は、親を亡くし、幼い妹・まちと弟・ふみおを養うため、必死に漫画を描く日々を送っている。ある日、臨時のアシスタント・五色しおりが一郎の漫画に憧れてやって来る。しおりの助けで、一郎は締め切りぎりぎりの危機を脱するが、疲れて眠っているしおりの体の一部からとげのようなものが出ていることに気づき、とげにふれた瞬間、狭い仕事部屋が宇宙に変わった。

 とある島の王族の姫だというしおりは「とげにふれたことでふたりの婚姻関係の契りが結ばれました」と理解不能なことを一郎に告げる。さらに「まずは恋愛から始めるべきなのでは」と言うしおり。不思議な力によって離れていることが困難になったふたりは、同じアパートに住むことになり、互いの魅力を発見していく時間が始まる。恋愛初心者のふたりは、これからいったいどんな関係を育てていくのか。ふたりの恋の行き着く先とは。

 佐野は原作について「不思議な姫と恋をする。。なんともファンタジーでそして、登場人物が皆周りの人を思いやる、とても温かい物語だなと思いました」と語る。「学校や仕事が終わった後に皆さんがクスッと笑え、心温かくなり、さぁ、明日も頑張るぞ!という気持ちになっていただけたらなと思います。ぜひ楽しみにしておいてください!」と力を込めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ