プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

高橋恭平、サウナにハマる「週5で行ってます」 同行した曽田陵介は“汗のかき方”絶賛「アイドルですね」

サウナにハマっていることを明かしたなにわ男子・高橋恭平 (C)ORICON NewS inc.の画像

サウナにハマっていることを明かしたなにわ男子・高橋恭平 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・なにわ男子の高橋恭平(22)と俳優の曽田陵介(25)が25日、都内で行われた映画『なのに、千輝くんが甘すぎる』(3月3日公開)の完成披露試写会に登壇。高橋がハマっているというサウナについて語った。

【写真】高橋恭平のハニカミ笑顔にも”胸キュン”

 作品にちなみ、片思いをしていることを問われた高橋は「僕は結構言ってるんですけど、サウ活っすね」と回答。“サ活”ではなく“サウ活”と略す天然っぷりに共演者らは、ほほ笑むも「僕めちゃめちゃ大好きで。週5とかで行ってます。仕事終わって行って、気持ちよくなって帰って寝るみたいな」と自信たっぷりにルーティンを紹介した。

 続けて「本当にととのいたいんです。ととのうってことを知らない人も多いと思うんです。ぜひ調べてから行っていただけるとより楽しめる」と猛アピール。「それで陵ちゃんがハマってくれたんです。2人でサウナに行きました」と明かした。

 一方、曽田は「長いんですよ。すごい熱いところにずっと入ってるんですよ」と苦笑い。高橋は「それがサウナですから」と間髪入れずに反論したが、「全然汗かかないんですよ。アイドルですね」と顔には汗をかかないという高橋を曽田が褒めると「だから。ん-」と口ごもり、恥ずかしそうにしていた。

 同作は『月刊デザート』(講談社)で連載中の亜南くじら氏による人気コミックを実写化。人生初の告白に見事に玉砕した高校2年生の失恋女子・如月真綾(畑)は、落ち込んでいるところを、陸上部のエースで学校一のイケメン男子・千輝慧(高橋)に見られてしまう。モテモテなのに周囲には塩対応な千輝くんは“片想いごっこ”を提案。好きになってはいけない約束なのに、優しくて自分にだけ甘すぎる千輝くんとの秘密の関係に、真綾の気持ちは次第に揺れ動いていく世界一幸せな片思いを描いた青春ラブストーリー。

 イベントには。俳優の畑芽育(20)、板垣李光人(20)、莉子(20)、中島瑠菜(16)、鈴木美羽(22)、新城毅彦監督も登壇した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ