プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

井桁弘恵「おら東京さ行くだ」 地味な田舎女子→TGCデザイナーに “成り上がり” 連ドラ『自由な女神』主演

土ドラ『自由な女神 ―バックステージ・イン・ニューヨークー』に主演する井桁弘恵(C)東海テレビの画像

土ドラ『自由な女神 ―バックステージ・イン・ニューヨークー』に主演する井桁弘恵(C)東海テレビ

 俳優の井桁弘恵が、次の東海テレビ・フジテレビ系土ドラ『自由な女神 ―バックステージ・イン・ニューヨーク―』(3月4日~25日、毎週土曜 後11:40 ※全4話)に主演することが決まった。地味な田舎女子から東京で活躍するファッションデザイナーへ成り上がる。

【場面写真】華麗にポーズを決める“ドラァグクイーン”武田真治

 各種電子コミックサービスで配信中の『バックステージ・イン・ニューヨーク 』(作・オーツカヒロキ)を、ニューヨークから東京に舞台を移してドラマ化。吉幾三「おら東京さ行くだ」とシンクロ率日本一のような、とある地方都市から幕を開ける。

 母を亡くして父と2人で暮らし、空気読みすぎでさえない25歳の主人公・サチは、地方の居心地の悪さと東京への憧れを感じながら、「何者でもない自分を変えたくても何ができるわけでもない」と工務店で働いていた。趣味は洋服を作ること。

 そんなサチの前に、キラキラのドラァグクイーン・クールミントが現れ、人生が180度真逆に動き始める。上京して勉強を始めたサチのデザインが認められ、『東京ガールズコレクション』に招待されることになる。

 JUDY AND MARY「クラシック」、MAISONdes「ヨワネハキ」、渡辺真知子「迷い道」などに合わせて披露されるショーのスタイルや、サチがクールミントのために作るドレスに期待。さらに、サチと訳ありルームメイトや幼なじみとの恋の三角関係もぼっ発、クールミントの宿敵・マカロンらも加わっていく。

 俳優としての活躍のほか、ファッション誌『MORE』専属モデルやトーク番組『おしゃれクリップ』MCなど、まさにシンデレラガールを地で行く存在の井桁が、サチのキャラクターと重なった。オファーを受け「とにかく登場人物の人間味が豊かな作品なんです。台本を読んで私自身、サチに共感するところがとてもたくさんあり、『早く演じたい!』と思う気持ちが抑えられませんでした」と振り返る。

 役作りで裁縫やデザイン画の練習にも励み、井桁は「このドラマは、サチが、クールミントさんをはじめ、いろいろな人と出会うことによって、自分の性格を見つめ直し、『自分の将来』を考え直して、少しずつ前に進んでいく過程を見ていただける作品だと思います」とアピール。振り幅の大きなサチの成長を演じ分ける決意。

 そして「私自身、福岡から東京に出てきたのですが、福岡にいた時は、『人生でこれをやりたい!』といった具体的な夢はあまり持っていなかったんですね。人から導かれるままに、周りの人の助言などに支えられながら今に至っていまして…。まさに私は、自分のリアルな人生でも、このドラマのクールミントさんみたいな人たちとの出会いに恵まれて、今の、この女優のお仕事ができていると思っています」と感謝を込め、作品に向き合う。

 クールミント役は、武田真治に決まった。肉体を鍛え上げ、求道者のような生き様を見せてきた武田が、今作に向けて正月休み返上でダンスレッスンを重ね、金髪&ゴージャスメイクで全身全霊、伝説のドラァグクイーンを体現する。

■井桁弘恵…サチ・渡辺幸(25)役  コメント全文
とにかく登場人物の人間味が豊かな作品なんです。台本を読んで私自身、サチに共感するところがとてもたくさんあり、「早く演じたい!」と思う気持ちが抑えられませんでした。

サチはお洋服を作るのが大好きで、優れたセンスや技術も持っているのですが、それを「自分の仕事にする」という発想が持てないまま、田舎の町で悶々と 暮らしている 、という女の子です。そのサチが、武田さんが演じるクールミントさんに出会うことでどう成長していくのか、というのがこ のドラマの大きな見どころです。

サチを演じるにあたって「洋服を作るのがうまい女の子」という設定だったので、まず裁縫の練習やデザイン画を描く練習もさせていただきました。そうしたレッスンをすることで、お洋服を作るっていうのは、こんなに工程があって、こんなに大変なんだな、ということを今回すごく思い知りました。

このドラマは、サチが、 クール ミントさんをはじめいろいろな人と出会うことによって、自分の性格を見つめ直し、「自分の将来」を考え直して、少しずつ前に進んでいく過程を見ていただける作品だと思 います。

私自身、福岡から東京に出てきたのですが、福岡に居た時は、「人生でこれをやりたい!」といった具体的な夢はあまり持っていなかったんですね。人から導かれるままに、周りの人の助言などに支えられながら今に至っていまして…。まさに私は、自分のリアルな人生でも、このドラマのクールミントさんみたいな人たちとの出会いに恵まれて、今の、この女優のお仕事ができていると思っています。

観てくださる方全員に、人生で何か新しく一歩を踏み出す時のチカラを与えられるような、そんな 作品になっていると思っています。ぜひともたくさんの方に観ていただきたいです。よろしくお願いします!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ