プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

窪塚洋介、サプライズのリアクション薄くテイク2に アタッシェケースボケも再現

リアクションが薄くサプライズをやり直した窪塚洋介 (C)ORICON NewS inc.の画像

リアクションが薄くサプライズをやり直した窪塚洋介 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の窪塚洋介(43)が24日、都内で行われた映画『Sin Clock』(2月10日公開)の公開直前イベントに参加した。

【動画】サプライズにお茶目な小ボケをする窪塚洋介

 冒頭のあいさつで窪塚は「本日は、大寒波の中、ベッドから起きるのも嫌だったでしょうに、こんなにも多くの方々に来ていただけたことにトイレで少し泣きました」と冗談交じりに語り笑わせた。

 イベントでは、サプライズプレゼントがあった。謎のジュラルミン性アタッシェケースが登場すると、窪塚は「猫かな」と小ボケを入れつつ、いざ開くと、役柄にかけたタクシークーポンが登場した。「これはメルカリか何かで?」と続けざまにボケて、自身のリアクションの薄さを指摘されると苦笑い。

 窪塚は「もう1回やりましょう」と率先して牧賢治監督も含めて“テイク2”に。「猫かな?」という小ボケも再現しながら、再び開けると「えぇ!」「うわ!」と驚きの声を上げて、報道陣を笑わせていた。

 最低の人生を生きる男たちが思いもよらぬ“偶然の連鎖”に導かれ、たった一晩の“人生逆転計画”へ挑む様をスリリングに描き出す本作。どん底の人生から一発逆転を目指すタクシードライバー、高木シンジ役を窪塚が演じる。

 イベントには牧賢治監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ