プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『東リベ2』6人のキャラビジュアル公開 キサキ・半間・一虎・マイキー・ドラケン・三ツ谷

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』のキャラクタービジュアル (C)和久井健/講談社 (C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会の画像

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』のキャラクタービジュアル (C)和久井健/講談社 (C)2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

 6月30日公開の『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』のキャラクタービジュアルが公開された。

【画像】カッコ良すぎるだろ…『東リベ2』ムビチケカードのデザイン

 現代の東京卍會で最重要人物として警察からマークされており、前作では陰で暗躍し、東京卍會を揺るがす大事件を目論んだ“キサキ”は、底の見えない恐ろしさを彷彿させる仕上がりになっている。

 キサキの右腕として動いていた“半間”は、ミステリアスな表情とともにトレードマークである右手の甲の“罪”の字がハッキリと映し出されており、一方、東京卍會と敵対する“芭流覇羅”(バルハラ)のNo.3で、東京卍會創設メンバーの1人でもある“一虎”は、内に秘めたマイキーへの恨みが感じ取れるビジュアルとなっている。

 そして、本作でも絶大になるカリスマ性と圧倒的な力を見せつけるであろう、東京卍會総長の“マイキー”は真っ直ぐな眼差しで“決戦”に向けての決意を感じさせるビジュアルに。東京卍會副総長であり、マイキーの右腕である“ドラケン”は躍動感溢れ、東京卍會弐番隊隊長の“三ツ谷”は、クールな眼差しから頼れる男としての存在感が伝わる仕上がりとなっている。

 前後編合わせて全14種類発売されるキャラクター別ムビチケカードは、4月21日に後編「-決戦-」の第一弾【キサキ/半間/一虎】の3キャラクター、続く5月19日に後編「-決戦-」の第二弾【マイキー/ドラケン/三ツ谷】の3キャラクタービジュアルがそれぞれ発売される。

 なお、すでに解禁されている前編「-運命-」第一弾となる【タケミチ/場地/千冬】と劇場限定の特別ホルダー付き前後編2部作セット券は2月3日に発売。前編「-運命-」の第二弾【ナオト/ヒナタ/アッくん】は3月17日発売となっている。

 同作は『週刊少年マガジン』(講談社)で2017年~2022年にかけて連載された人気漫画が原作で、主人公で人生どん底のダメフリーター花垣武道(タケミチ)が、ある日、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向(ヒナタ)が最凶最悪の悪党連合“東京卍會”に殺されたことを知る。

 そして、事件を知った翌日、何者かに背中を押され線路に転落し、死を覚悟したが、目を開けるとなぜか、人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープしていた。そこでタケミチは、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、人生のリベンジを開始するストーリー。

 コミックス累計発行部数は7000万部を突破する人気作で、テレビアニメが2021年4月~9月にかけて“8・3抗争編”“血のハロウィン編”が放送、続編となる第2期“聖夜決戦編”が2023年1月より放送されている。

 2021年7月に実写映画が公開され、北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮といった人気キャストが出演。最終興行収入45億円、観客動員数335万人を記録し、2021年劇場用実写映画No.1の大ヒット作となった。

 その続編となる今作は、原作コミックス4~8巻で描かれている「血のハロウィン編」が題材で原作、アニメでも人気のエピソード。凶悪化した東京卍會によってタケミチの目の前で再び、ヒナタが殺されてしまい、タケミチは過去に戻り、ヒナタを救う鍵となる東卍結成メンバー6人を引き裂く“悲しい事件”に迫るというストーリーが展開。2部作で公開され、前編『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』が4月21日、後編『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』が6月30日に公開される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ