プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『星降る夜に』“一星”北村匠海が“鈴”吉高由里子を連れ出し強引にデートへ「雪宮鈴、好きだ」 第2話あらすじ

24日放送『星降る夜に』に出演する(左から)北村匠海、吉高由里子(C)テレビ朝日の画像

24日放送『星降る夜に』に出演する(左から)北村匠海、吉高由里子(C)テレビ朝日

 俳優の吉高由里子が主演し、北村匠海と共演するテレビ朝日系ドラマ『星降る夜に』(毎週火曜 後9:00)の第2話が、きょう24日に放送される。17日放送の第1話では、ツイッターで世界トレンド1位にランクインし、TVer見逃し配信の再生回数が、22日までの6日間で255万回を突破。テレビ朝日歴代最速記録を樹立した。

【場面カット】”鈴”吉高由里子、とのデート中になぜかムッとした表情の”一星”北村匠海

 同作は、のどかな海街を舞台に、感情を忘れて孤独に生きる35歳の産婦人科医・雪宮鈴(吉高)と、音のない世界で自由に生きる25歳の遺品整理士・柊一星(北村)が、星降る夜に出会い、運命の恋を育んでいく“年齢10歳差”のピュアラブストーリー。恋愛ドラマの名手・大石静氏が脚本を手がける。

 第2話では、鈴が一星と初めて会った日に返しそびれていたマフラーを手に、覚えたての手話で感謝を伝える。一星はきらめくような笑顔を見せ、そのまま突然「ありがとうって言うなら、お礼して」と切り出し、強引に鈴を映画館へ引っ張っていく。

 流されるままに、一星と共に映画を楽しみ、ハンバーガーを食べる鈴。2人の年齢が“10歳差”だと知っても、「たった10コだろ」と気にも留めないわりに、ソースを口元にくっつけたり、むくれたり、何かと子どもっぽくて無邪気な一星。かと思えば、仕事終わりの鈴をグイグイと居酒屋に誘い、親友の佐藤春(千葉雄大)を巻き込んで、遺品整理現場で見つけた伝説のAVの話や、彼が旅してきた世界の友達の話に花を咲かせるなど、鈴を非日常へと引き込んでゆく。

 そんな、うらやましいほど自由な彼と接するうち、窮屈に生きがちだった鈴の心は徐々にほぐれていく。そして、雪が舞い降る踏切で一星は「雪宮鈴、好きだ!」と突然の告白(!?)をする。

 一方、鈴の勤務先である「マロニエ産婦人科医院」では、出産を終えたある妊婦(清水くるみ)が「子どもなんていらない」と言い放ち、その場は騒然。中でも45歳の新人産婦人科医・佐々木深夜(ディーン・フジオカ)はひときわ沈みこんでしまう。無事この世に生を受けたのに、祝福されない命があることに納得いかない深夜。そんな彼に、鈴は自らが抱える医療裁判について語り出す。

 そんな中、匿名妊婦は我が子を置き去りにして、病院から逃亡。鈴からその話を聞き、いてもたってもいられず、逃げた母親を探そうと立ち上がる一星。だが、鈴はそんな一星を引き留める。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ