プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『PLAN 75』Prime Videoで独占配信、2・17スタート

映画『PLAN 75』(C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fuseeの画像

映画『PLAN 75』(C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

 「第75回(2022年)カンヌ国際映画祭」「ある視点」部門正式出品、カメラドール特別表彰され、「第95回米国アカデミー賞」国際長編映画賞部門への日本代表作品にも選出された『PLAN 75』が、Prime Videoにて2月17日より独占配信されることが決定した。

【動画】映画『PLAN 75』予告編

 『PLAN 75』は、早川千絵監督の長編初監督作品。「経済的合理性を優先し、人の痛みへの想像力を欠く昨今の社会に対する憤りに突き動かされて生まれた映画です。倍賞千恵子さん演じるミチという女性の姿を通して、人が生きることを全肯定する。そんな映画にしたい」と、是枝裕和監督が総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』で本作の出発点である短編『PLAN75』を再構築、キャストを一新し長編映画化した。

 少子高齢化が一層進み、満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された近い将来の日本が舞台。さまざまな物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなる。

 夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチ(倍賞千恵子)は78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン75>の申請を検討し始める。

 一方、市役所の<プラン75>の申請窓口で働くヒロム(磯村勇斗)、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子(河合優実)、フィリピンから単身来日し<プラン75>の関連施設で働いているマリア(ステファニー・アリアン)は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく…。ほかに、たかお鷹、大方斐紗子、串田和美らが出演している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ