プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

投資トラブルのTKO木本武宏「おいしい話はこの世にない」 投資に悪い印象を与えてしまい“責任”痛感

都内で会見を行ったTKO・木本武宏(C)ORICON NewS inc.の画像

都内で会見を行ったTKO・木本武宏(C)ORICON NewS inc.

 投資トラブルが発覚し、芸能活動を休止中のお笑いコンビ・TKOの木本武宏(51)が23日、都内で会見を開いた。昨年7月にトラブルが発覚して以降、約半年振りに公の場に姿を見せた木本は、駆けつけた報道陣を前に深々と頭を下げた。

【写真】黒いスーツに身を包み…コンビで大きく頭を下げるTKO

 木本は、今回の投資トラブルを経てどんな学びがあったのか問われると「すごく簡単なことなんですけど」と前置きし、「その当たり前に気づいていないのではなく、目を向けてこなかった。おいしい話はこの世にない」ときっぱり。「お金を預けて1ヶ月で50%増える、倍になるという不動産の話に乗っかった。そんな特別なことなんて絶対にない」と語気を強め、「発覚してからいろんな人に相談して同じようなアドバイスをいただいた。投資は悪い、怖いという印象を与えてしまった責任も感じている。そこを汚してしまった。うまい話はないとさんざん聞いてきたのにやってしまったことが一番の反省」と語った。

 木本は、20日に報道各社に書面を寄せ、きょう23日に記者会見を行うと発表。「昨年の騒動に関しまして、ファンの皆様、関係者の皆様、全ての皆様にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。また、記者会見など皆様の前で、自身の口からご説明できておらず、今に至ることを改めてお詫び申し上げます」と謝罪していた。続けて「関係者がいることや事件性を鑑みて弁護士含む方々からのアドバイスもいただき、すぐに会見できない状況になっておりました。昨年末ぐらいから徐々に解決してきており、ようやく皆様の前でご説明できる時期になりました」と伝えた。

 木本をめぐっては、昨年7月21日に一部スポーツ紙で巨額の投資トラブルが報じられ、レギュラー番組などを休演していることが発覚。23日には所属していた松竹芸能が退社を発表し、レギュラー番組などを降板していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ