プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

投資トラブルのTKO木本武宏「身から出たサビ」“投資で商売”否定も反省

都内で会見を行ったTKO・木本武宏(C)ORICON NewS inc.の画像

都内で会見を行ったTKO・木本武宏(C)ORICON NewS inc.

 投資トラブルが発覚し、芸能活動を休止中のお笑いコンビ・TKOの木本武宏(51)が23日、都内で会見を開いた。昨年7月にトラブルが発覚して以降、約半年振りに公の場に姿を見せた木本は、駆けつけた報道陣を前に謝罪し「身から出たサビ」と反省した。

【写真】黒いスーツに身を包み…コンビで大きく頭を下げるTKO

 木本は「2017年に仮想通貨に興味を持ち、ハマってしまいました。最初、いくぶんかの金を投入して増えるのを見て面白いと思いどんどんのめり込んだ」ときっかけを説明。

 そして、さまざまな報道がされていたことについて「運用していくにあたって、手数料をとっていたのではと言う方もいらっしゃった。ですがそれだけは一切しておりません。商売としてやっていたわけではない」と全否定した。

 しかし、「被害者だと言いたくて会見を開いたのではなく、自分自身に大きな過ちがあった。浅い知識で詳しいかのような顔をして、仲間に興味をもたせ、みんなで儲けようやと大きな間違いをした。この反省は深く深くしております。これからも同じようなことは繰り返すつもりはない。ずっと謝罪の気持ちは伝えていくつもりです」と謝罪の気持ちを語った。

 木本は、20日に報道各社に書面を寄せ、きょう23日に記者会見を行うと発表。「昨年の騒動に関しまして、ファンの皆様、関係者の皆様、全ての皆様にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。また、記者会見など皆様の前で、自身の口からご説明できておらず、今に至ることを改めてお詫び申し上げます」と謝罪していた。

 続けて「関係者がいることや事件性を鑑みて弁護士含む方々からのアドバイスもいただき、すぐに会見できない状況になっておりました。昨年末ぐらいから徐々に解決してきており、ようやく皆様の前でご説明できる時期になりました」と伝えた。

 木本をめぐっては、昨年7月21日に一部スポーツ紙で巨額の投資トラブルが報じられ、レギュラー番組などを休演していることが発覚。23日には所属していた松竹芸能が退社を発表し、レギュラー番組などを降板していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ