プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『どうする家康』山田裕貴、戦国最強武将として「盛り上げていけたら」

大河ドラマ『どうする家康』の場面カット(C)NHKの画像

大河ドラマ『どうする家康』の場面カット(C)NHK

 人気グループ・嵐の松本潤が主演する大河ドラマ『どうする家康』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)で本多忠勝役の山田裕貴がコメントを寄せた。

【写真41枚】松本潤、有村架純、岡田准一、北川景子ら…”41人の扮装写真”を一挙公開!

 今作が初大河となる松本は、誰もが知る偉人・徳川家康を演じる。国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし、三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する乱世に飛び込む。そして豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者(つわもの)たちと対峙し、死ぬか生きるか大ピンチをいくつも乗り越えていく。

<山田裕貴>
(第1回の大高城から逃げ出した元康を忠勝が連れ戻すシーンで)「恥ずかしくないのか」と殿に言える男の子ってどういう人なんだろうというところから、忠勝の人物像を考えました。あそこに忠勝の全てが詰まっていたのだと思います。

そして、第2回大樹寺で殿が腹を切ろうとするシーンは、特に忠勝の思いが分かるシーンでした。殿は決めきらないし、この武士の世で、なにを優柔不断にナヨナヨしてるんだろうと。その姿を見ていると忠勝として腹が立ってくるんですよね。「俺の家系は家族代々、じいちゃんも父さんもお前のことを守ってきたのに、何しようとしてるんだ」っていう。だから(元康は)こんなところで終わって良い男じゃないし、「多くの人があなたに命をかけているんだ」と。そこを分かって欲しい思いでした。

あのシーンは自分でも涙するとは思っていませんでしたが、思いを魂にどんどん背負い込んでいったら、結果的に自然と涙が出たという感覚です。セリフで書かれていることも勿論思っているんですけど、それだけではない何かがついてきた感じはあります。

これからもさまざまなキャラクターが物語を盛り上げていきますし、もちろん戦国最強の武将・本多平八郎忠勝として、僕も盛り上げていけたらと思います。今後もぜひ、殿の“どうする”を見守ってください。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ