プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

皇治、『NARIAGARI』と『BreakingDown』の違いを語る 「NARIAGARI BOX」話題で自画自賛「俺ってホンマ賢い」

『NARIAGARI』決定記者発表会 (C)ORICON NewS inc.の画像

『NARIAGARI』決定記者発表会 (C)ORICON NewS inc.

 格闘家の皇治が21日、都内で2月5日に開催する自身初の自主興行『NARIAGARI』の対戦カード決定記者発表会に参加した。

【写真】フェイストゥフェイスから乱闘へと発展したマナブと悠

 『NARIAGARI』は、皇治が「格闘技界への恩返し」として、将来のスター選手の輩出も見据えて開催する、アマチュア格闘技の選手が対象となる大会。旗揚げ戦は2月5日に大阪「176BOX」にて開催予定で、「一人でも多くの人に見ていただきたい」という皇治の思いを受けて、SmartNewsでのライブ配信が決定した。

 「みんなで格闘技界を盛り上げればいいと思う」と、各所から参加選手を募った。実際に『NARIAGARI』にも、『BreakingDown』から成り上がりを目指して、としぞうが参戦する。比較対象と言われる『BreakingDown』について、皇治は「競技が違う」とする。その意味については「自分たちはプロを支える団体にしたいし、それでついでに『NARIAGARI』も大きくなって、儲かればうれしい。でも、そんなことより、お世話になった格闘技界を盛り上げたい気持ち。『BreakingDown』は、1分間だったら素人がプロに勝てるんじゃないか、がコンセプト。全然、違うと思っている」としていた。

 差別化の目的として、電話ボックスほどの大きさの箱の中で戦う「NARIAGARI BOX」というファイトも導入する。すでに賛否が起きているが、それも皇治の狙い通り。素人同士では、安全な距離となるほか、万難を排するという。「『危ない』という意見もいいと思う。格闘技界を思っているから言うと思うし。でも、格闘技に安全なんてないですからね(笑)。倒し合って、失神しているのを見て、楽しいと思われるわけですから。それを訓練して成り立っている。(『NARIAGARI BOX』は)素人が1番、安全な距離で殴り合える距離」と語った。囲み取材では、「NARIAGARI BOX」に話題が集中。皇治は「俺って、ホンマ賢いでしょ(笑)。今もBOXの話ばっかり。釣りですよ(笑)」とニヤリとした。

 会見は、初めての開催とあって、各選手がアピール合戦を実施。予定時間を大幅にオーバーした。皇治は「いい経験になっている。格闘技を頑張っても日の目を浴びなかった人は、こんなカメラの前で話すこともない。いい経験になる。どんどんしゃべりもうまくなって、どんどん磨かれていく。1年後、見ていてください。『NARIAGARIの選手がRIZIN出てるよ』とかになると思う。そういうふうにして行きたい」と笑顔を見せた。

 公表した対戦カードについて皇治は「いいカードがそろった」と自画自賛。「名もなきチャンピオンだけで実力がある。方や口で一気にエンターテイメントでバッと売れたけど実力がほしい。その2人が戦うのも面白い」としていた。

 皇治は「『NARIAGARI』第1回目大会を開催できそうなので、すごくうれしいです。対戦を決めるのにあたって、徹夜で頑張ってマッチメイクしました。なかなかおもしろいカードがそろっていると思う」と力を込めた。

■『NARIAGARI』対戦カード
豆塚礼崇 VS 幸輝(BOX)
マナブ VS 悠(BOX)
レイヤ VS 快成
来希 VS 輝
雄貴 VS 忠地啓太
駿之介 VS 布施勇貴
RYOYA VS 大嶽伸次
ジャックポットしんり VS 悦司
悠里 VS 元太郎
笠原翔 VS 朝倉豊樹
加藤瑠偉 VS 吉田仁
SANTE VS 朝太
オナベの進一 VS 太極拳松村
矢島直弥 VS としぞう
平山迅 VS 晴也
寒天マン VS 勇弥
城戸康裕 VS 募集中(応募条件は「格闘技を3年以上続けている方」「体重74キロ以下の方」)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ