プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ダンス・エンタテイメントの最終章『マジック・マイク ラストダンス』予告編

映画『マジック・マイク ラストダンス』 ポスター(3月3日公開) (C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reservedの画像

映画『マジック・マイク ラストダンス』 ポスター(3月3日公開) (C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 知られざる男性ストリップダンスの世界の裏側とそこで奮闘するダンサーたちの裏側を迫力のダンスシーンと共に描き、世界を熱狂させてきた映画『マジック・マイク』(2012年)、『マジック・マイクXXL』(15年)の続編で、最終章となる『マジック・マイク ラストダンス』が3月3日より公開される。

【動画】ラスト30分のダンスに期待高まる予告編

 無名時代にストリップダンサーだったチャニング・テイタムの経験をもとに制作された1作目の成り立ちから、ミュージカルを経て本作に至るまで、『マジック・マイク』に人生を注ぎ込んだチャニングの全てが詰まった映画でもある。

 監督は、アカデミー賞監督にして『オーシャンズ』シリーズのスティーブン・ソダーバーグが1作目以来のカムバックを果たし、全てを失い落ちぶれたストリッパー、マイクの人生をかけたラストダンス&ショーを描く。

 破産で全てを失い、今はバーテンとして働き長期間ステージから遠ざかっていた元ストリップダンサーのマイク(チャニング・テイタム)は、資産家の女性マックス(サルマ・ハエック)と出会う。「バーテンの仕事は好き?」と問いかけられ、「本当は別の夢がある」と告白する。マックスに「一緒にロンドンに行きましょう」と誘われ、人生の再起をかけてロンドンに向かったマイクは、世界から集まったダンサーたちと一夜限りのラストショーに挑む。

 究極のダンス・エンタテイメントの最終章となる本作最大の見どころは、マイクが世界中のダンサーと共に繰り広げる、シリーズ史上最も危険で最もセクシーで最もエキサイティングなラスト30分の圧巻のダンスシーン。

 指導者となったマイクが世界中の若手ダンサーたちを振り付け、演出するストーリーは、映画の世界的ヒットを受けて実現したミュージカル舞台『マジック・マイク ステージ』で、構想・総監督を務めたチャニング・テイタムの実体験に基づくもの。実際に公演が行われたロンドンのレスター・スクエアで撮影が行われていることにも注目だ。

 予告編では、「僕を信じて」というマイクの励ましに一糸乱れぬダンスで応じるダンサーたちの姿。稽古場を飛び出したダンサーたちは二階建てバスの中を軽やかなステップで進み、芝生では宙返りを披露する。そして、「彼らの人生をかけたダンスから誰もが勇気をもらってほしい」という女性ディレクターの掛け声を受けて、運命のラストステージの幕が開く。

 スティーブン・ソダーバーグ監督が、「全ての始まりである“ダンス”に焦点をあてる。最後の30分にわたる壮大なダンスシーンにこれまでの映画の全てをかけた」と熱く語っている通り、本編で披露される熱狂のステージへの期待が高まる予告編となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ