プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ハマる男に蹴りたい女』紘一(藤ヶ谷大輔)が“ハマる”兆し見せる “直球告白”の俊(京本大我)には胸キュンの声

テレビ朝日系オシドラサタデー『ハマる男に蹴りたい女』に出演する(左から)藤ヶ谷太輔、関水渚(C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日系オシドラサタデー『ハマる男に蹴りたい女』に出演する(左から)藤ヶ谷太輔、関水渚(C)テレビ朝日

 人気グループ・Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が主演を務め、俳優の関水渚が共演する、テレビ朝日系オシドラサタデー『ハマる男に蹴りたい女』(毎週土曜 後11:00~)の第2話が、21日に放送された。

【場面写真】良い雰囲気で…いつか(関水渚)に猛アタックする香取俊(京本大我)

 同作は『逃げるは恥だが役に立つ』『東京タラレバ娘』『パーフェクトワールド』など、ヒット作を生み出し続ける人気コミック誌『Kiss』で連載中の天沢アキ氏の同名漫画が原作。人生の沼にハマッた元エリート・設楽紘一(藤ヶ谷)が、ズボラお仕事女子・西島いつか(関水渚)と繰り広げる“オトナのひとつ屋根の下ラブ”で新たなキュン旋風を巻き起こす。

 紘一は、管理人業がすっかり板についてきた様子だが、料理は苦手なよう。西島いつか(関水)だけでなく、増田すず(久保田紗友)にまで「まずい」と言われてしまう。すると、紘一は元エリートの血が騒ぐのか「絶対にうまいと言わせてやる!」とノリノリ。「食べてもらいたい」「認められたい」という思いは、恋心に通ずるものがあるのだろうか。

 同話では、2年前のいつかと紘一の因縁が明らかに。そんな因縁に気が付かない紘一はいつかからのクレームが多すぎることを幼なじみ・佐久間ナオ(西田尚美)にこぼす。するとナオは「てかさ紘ちゃん、いつかちゃんのこと気になるの?」と一言。否定する紘一だが、いつかに“ハマる”兆しが見えた。

 さらに、子犬系男子・香取俊(SixTONES・京本大我)が2年の大阪転勤を経て東京本社に戻ってきた。いつかの同期・友部ミチコ(ラランド・サーヤ)が「放牧してたらA5ランクにになって戻ってきた奇跡の同期」と称する通り、照れるそぶりもなく女性をほめることができるほど大人の“超優良物件”に進化を遂げていた。

 俊の言動には、「西島になりたい」「うらやましい」と視聴者から悲鳴が続出。いつかに合わせた店選びに加え、「こんな時間に1人は危ないだろ」「西島のこと心配だよ、きれいだし」「そういうところはかわいいよ」と胸キュンワードを畳みかけた。そして「俺、西島が好きだ」とまっすぐな目で直球告白。落ち込むいつかを心配そうな表情で見守る姿も描かれ、非の打ちどころがない俊を京本が見事に演じている。

 ラストでは紘一がいつかをお姫様抱っこする場面や、いつかが紘一を押し倒す場面も。第3話では、紘一と俊が顔を合わせる。「憎しみはあるけど、認められたい」という思いも垣間見えるいつかはどちらを選ぶのか、恋の行方に期待が高まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ