プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「好きな司会者ランキング」マツコが4連覇達成 麒麟・川島も2位に躍進、周囲を輝かせる司令塔に

『第15回好きな司会者ランキング』で4連覇を達成したマツコ・デラックス (C)ORICON NewS inc.の画像

『第15回好きな司会者ランキング』で4連覇を達成したマツコ・デラックス (C)ORICON NewS inc.

 テレビ番組に欠かせない“司会者”の存在。コロナ禍を経て、より笑いや音楽など“エンターテインメントの力”が注目され、司会者にも、気持ちが前向きになるような進行をしてくれる人物が求められている。ORICON NEWSでは恒例の『第15回好きな司会者ランキング』を発表。1位の【マツコ・デラックス】は今回で4連覇を達成し、5年連続首位が条件となる“殿堂入り”に王手をかけた。初ランクインや昨年圏外も登場する今年の結果は?

【ランキング表】局アナはたった1名! 人気番組を担当する名司会者がズラリ

■圧倒的支持で4連覇 変わらない“代弁者”のスタンスに全世代が支持

 4連覇となった【マツコ・デラックス】は『アウト×デラックス』(フジテレビ系)が昨年3月で終了したものの、現在のレギュラー出演は6本で需要の高さを維持している。

 単独MCの番組だけでなく、関ジャニ∞・村上信五との『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は昨年4月に午後10時枠に昇格して人気をキープ。有吉弘行との『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)も前進番組含め5年継続しており、掛け合いも人気のひとつとなっている。

 また、マツコならではの持論がネットでバズることも多く、昨年5月放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、シンガーソングライターでラッパーのちゃんみなのメイクに「メイクの濃さは意志の固さよ」と断言して、ツイッターのトレンド入りを果たすなど反響を呼んだ。

 そんなマツコに「視聴者の気持ちを代弁している」(広島県/50代・男性)と昨年と変わらず10~50代、すべての世代で1位を獲得した。「はっきりと言う姿勢は大好き。あながち間違ってないし好感を持つ」(神奈川県/40代・男性)、「庶民的な意見を述べたりしてくれる。視聴者側から見てて面白い」(大阪府/20代・女性)などの声もあり、テレビに出るようになって20年以上経っても、限りなく視聴者に近い存在であることが変わらない支持を得ているポイントとなっている。

 また、『マツコの知らない世界』(TBS系)で紹介した商品は多大な経済効果を与えるなど、“インフルエンサー”としての存在感も発揮。昨年は4月4日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で「ヤクルト1000を飲んでから、すごい眠りがよくなった」と発言してから同商品の完売が続出。ヤクルト本社の最高益にも寄与し同商品は「2022ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンに選出された。

それだけに「マツコが出ている番組は惹き込まれて見てしまう。見た目のインパクトもそうだが、話す内容の説得力がすごいのですっかり信者です」(山梨県/20代・女性)、「いつも面白いことやツッコミをしてみんなを笑わせているけど、それに加えてしっかりとした考えを持っていて、尊敬しているから」(滋賀県/10代・女性)など、同世代だけでなく10代・20代の支持もしっかり獲得している。

■初ランクインで2位! “司会力”が『ラヴィット!』人気の呼び水に

 初登場で2位となったのは『ラヴィット!』(TBS系)のMCとして話題の【川島明(麒麟)】。昨年5月にオリコンが発表した「朝の顔ランキング」でも初登場3位にランクインした川島は「好きな司会者」としても大躍進。『2022テレビ番組出演本数ランキング』(ニホンモニター調べ)でも536本で2位となった。

 『ラヴィット!』はTwitterトレンド入りの常連となり、昨年末にはゴールデン特番になるまで急成長。その要因は川島の司令塔として巧みに共演者を導き、自ら笑いに変える“司会力”にある。

 これまでも、ひな壇芸人のひとりでありながら、ほかの出演者らの話を引き出す“裏回し”ぶりが評価されてきた川島。『ラヴィット!』では、その当時から身につけた数々の“例えツッコミ”で笑いに変換。元サッカー日本代表・本並健治、永島昭浩の20代の写真に一瞬で「イタリアのゆず」と例えるなど、巧みな話芸を披露。まさに、サッカーのボランチのように司令塔として周囲に華麗なパスを送りながら、時には自ら笑いのシュートも放って、番組を盛り上げている。

 そんな川島のトークセンスに「『ラヴィット!』を見ていると生放送なのに瞬時にキレキレのツッコミが炸裂しており、唯一無二の存在だと思います。見た目お若いですし古の方たちとは違う魅力があり、いろんな番組で司会されている姿をぜひ見たいです」(神奈川県/20代・女性)との意見が寄せられた。

 さらには、野性爆弾・くっきー!や若手アイドルらの奇想天外な発言も見事に笑いに変える“猛獣使い”ぶりも発揮しており、「どんなボケもしっかり拾い、川島さんが司会の番組は安心して見ていられるから」(香川県/20代・女性)、「『ラヴィット!』での回し方が面白い。場の雰囲気がいいのがTV越しで伝わる」(埼玉県/40代・女性)などと称賛の声が多数寄せられた。

相 席スタートの山添寛など、川島の司会力によって脚光を浴びる芸人も多く、“周囲を光らせるMC”として視聴者人気だけではなく芸人からの評価も年々、高まっている。

■大御所の貫禄! 唯一無二の“引き出し力”が世代を超えて評価

 【明石家さんま】は昨年4位からTOP3入りを果たし、大御所司会者としての実力を見せつける結果に。さんまは、進行役を務めながら、自らストライカーとして笑いをさらうという唯一無二の存在として、長年、芸能界に君臨。

 かつては「60歳で引退」を考えていたが、1月15日放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)では「人気がどうのこうのよりも、一人でも俺を応援してくれる人がいる限り辞めるのは失礼だろということで今も頑張らせていただいている」と堂々と現役宣言。

 近年はアニメ『鬼滅の刃』に続き『チェンソーマン』も視聴するなど最新の話題うぃ常にアップデートするなど“お笑い怪獣”として衰え知らずの進化を続けている。

 そんなさんまに「たった一言でもしゃべれば大笑いさせてくれるので、日中のストレスを全部吹き飛ばしてくれる人。ストレスデトックスには欠かせない」(神奈川県/40代・女性)、「好き勝手に司会進行をしているようで、よく考えているところがある。いつも楽しい雰囲気に持っていくところが好き」(北海道/50代・女性)と絶賛の声が多数。

 また昨年10月には『ワルイコあつまれ』(NHK Eテレ)で同局初出演。その際には、「テレビで育って、テレビで死にたい。(YouTubeには)出ない」と断言。その点に「昭和のテレビや芸能人が最も面白く完成された魅力やセンスがあった時代から第一線で活躍してきた面白さがあるから」(神奈川県/30代・男性)との声もあった。

■昨年圏外からのTOP10入り、後輩や共演者への“愛あるイジリ”あふれる司会者たち

 昨年はバナナマンとしてのランクインだったが今年はピンでの登場となった【設楽統】が9位に。2012年からMCを務める『ノンストップ!』(フジテレビ系)でおなじみであり、昨年9月にはダウンタウン・松本人志、小池栄子と司会を務める『クレイジージャーニー』(TBS系)も復活。設楽は『2022テレビ番組出演本数ランキング』(ニホンモニター調べ)では548本となり2年連続で1位を獲得した。

「トークに安定感があって、見ていて嫌味がなく、イジりも愛がある感じがするので」(兵庫県/30代・女性)、「平日朝の帯番組でメインとして出演しながら生放送のラジオに乃木坂46との番組などいろいろな番組で見かけるから」(東京都/20代・男性)とオールマイティな活躍ぶりを評価された。

 10位には先日休養からTV復帰した【中居正広】がランクイン。体調を心配するユーザーが多かったが、「安定の司会力と事前に色々と勉強や準備しているんだろうなぁという安心感があり、また後輩いじりなどをしますが、そこには後輩に対する思いやりなども感じられて、すごくいい司会者だと思います」(大阪府/40代・男性)、「どんな番組も楽しめる、誰もが安心して見ることができる。なんらかの工夫ある取り組みがあり、番組への愛がある」(千葉県/40代・女性)と、司会者としての評価も多く寄せられた。

 中居は『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)の代役をKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔に任せたが、そこにはタレントとして「アウェーを経験してほしい」という配慮があったことを明かしている。また、病名の詳細は明かすことなくファンを気遣う様子もあり、芸能人として、社会人としての働き方の意識を提示する形にもなったのも、多くのMC番組を抱える中居だからこその対応ともいえる。

 麒麟【川島】の初登場と急浮上により、これまでの常連司会者の順位が大きく変動すると同時に、朝の帯番組の影響も大きさも改めて浮き彫りとなった。番組の構成やキャスティングの関係もあるが、昨年よりコンビでのランクインも少ない傾向に。川島の急浮上からもわかるように、共演者との絡みやイジリのうまさも力量が司会者、MCとしての評価につながる結果となった。川島がマツコの“殿堂入り”を阻止する可能性もあるのか来年のランキングが今から楽しみだ。

【調査概要】
調査時期:2022年12月14日(水)~12月19日(月)
調査対象:計1000名(自社アンケートパネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ