プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

A.B.C-Z『ジャニーズ伝説』名曲メドレーの舞台裏を公開 河合郁人は構成、塚田僚一はアクロバットにこだわり

『RIDE ON TIME』でA.B.C-Zを特集 (C)フジテレビの画像

『RIDE ON TIME』でA.B.C-Zを特集 (C)フジテレビ

 人気グループ・A.B.C-Zが、20日放送のフジテレビ『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(後0:55)に出演する。エンターテインメントの世界に生きる人物に長期密着取材を行う同番組のA.B.C-Zを特集した第2話。前回に引き続き、彼らが主演・演出を務めた舞台『ABC座 10th Anniversary ジャニーズ伝説 2022 at Imperial Theatre』に密着。公演の第2幕で上演されたジャニーズメドレーの舞台裏も紹介していく。

【写真】後輩の肩を借り、高難度アクロバットに挑戦する塚田僚一

 橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一からなるA.B.C-Z。それぞれが活躍の場を広げるなか、この日の河合は、金曜レギュラーで参加している情報番組の現場へ向かった。コメンテーターやMC業で躍進する一方で、“ジャニーズ愛”が深いことでも知られる河合は、歴代の楽曲を知り尽くし、今回のジャニーズメドレーの構成を担当した。

 2022年秋、公演の準備に取り組む河合にインタビュー。「いま、各グループの曲を1曲ずつ選んで、どういう順番にするか考えている最中です。(事務所の創立から)60年の時代を感じられるメドレーって、他ではなかなか無いですよ」と熱く語る河合。彼が考えたセットリスト(曲順)とは。

 さらに同公演には、総勢19人のジャニーズJr.や、元・光GENJIの佐藤アツヒロも参加。ローラースケートを履いた一同が、光GENJIの楽曲「STAR LIGHT」を当時と同じ振付で披露する。稽古場で圧巻のスキルを見せる佐藤は、後輩たちを自ら指導しながら、成長を見守っていく。

 ジャニーズメドレーで人一倍の闘志を燃やすのは、塚田。V6の楽曲「サンダーバード -your voice-」の練習中、塚田は「岡田(准一)くんが(『Darling』で)やっていた“肩宙”やりたいなと思って」と自ら提案。メンバーの肩の上に立って後方宙返りをするという、高難度のアクロバット技だ。

 V6は長野博が岡田の“肩宙”を1人で支えていたが、今回、塚田の“肩宙”を支えるのは、ジャニーズJr.の菅田琳寧(7 MEN 侍)と林蓮音(SpeciaL)。彼らの猛特訓の様子にも注目だ。幼い頃から体操競技に親しんできた塚田も現在36歳。「“アクロバットの辞め時、考えないとダメだよ?体が大事だから”って言われることもあるけど…」と言いながら、自身がアクロバットで表現し続ける理由を明かす。

 そして2022年12月、初日公演が幕を開けた。番組では、A.B.C-Zメンバーの舞台裏や、ジャニーズメドレー本番のパフォーマンス映像を公開。この日のために練習を重ねた“肩宙”は、果たして成功するのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ