プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』神秘の星・パンドラ紹介映像

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(公開中)(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.の画像

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(公開中)(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 世界中はもとより日本国内でも動員数191万9665人、興行収入34億8848 万円(1月16日時点)と大ヒットしている映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(公開中)より、ドラマチックな物語の舞台となる神秘の星・パンドラの魅力を、圧倒的な映像美で紹介する特別映像が公開された。

【動画】神秘の星・パンドラ紹介映像

 宙に浮く巨岩で形成される“ハレルヤ・マウンテン”や、白い砂浜、エメラルドグリーンの海に囲われた熱帯の楽園など、我々の想像をはるかに超えた美しさに思わず目を奪われてしまう雄大なパンドラの風景が映し出される。現実逃避させてくれる映像だ。

 このパンドラの地で、ナヴィを含めたさまざまな生物たちは、子を産み、育て、そして死んでゆく。そこには完全なエコ体系が形成されており、あらゆるバランスが完璧にとれた“調和”がそこにはある。そして、この完全なる均衡を崩すのが、地球からやって来た人類だ。パンドラの資源採掘のみを目的にした人間たちが、主人公ジェイクやその家族、さらにはパンドラのあらゆる生物たちを脅かす…。

 ジェイクの海兵隊時代の上官だったクオリッチ大佐を中心とする人類側の情け容赦ない攻撃の中で垣間見える、私たち人間たちの営みと何ら変わりないジェイクとその家族たちのドラマが、共感を誘い、“泣ける3D”と話題の本作。

 生まれ故郷の森を追われ、よそのものとして海辺の部族たちに交じって暮らすことになったジェイク家の子どもたちの“葛藤”や、それを乗り越えて大きな成長をみせる彼らの姿にも胸を打たれる。

 ジェイク家の長男ネテヤムを演じたジェイミー・フラッターズは、「ネテヤムはこの物語のヒーローになろうとしています。でも子どもというのは、そうしようとすればするほど失敗しますよね」とネテヤムに成長途中の青年の葛藤があることを語る。

 ジェイク家の次男ロアクを演じたブリテン・ダルトンは、「ロアクは異端児です。彼は世の中で孤独を感じています。まだ自分の居場所がわからずにいる。それは父であるジェイクが偉大過ぎる存在だからです。彼は皆から信頼されて、世界を変えたいと思っているけれど、どうすればそれが出来るのかが彼にはわっていないのです」と、圧倒的な存在になってしまった父の影響を受けながら、ロアクは必死に自分のアイデンティティを見つけ出そうともがいていることを語っている。

 そしてこの子どもたちのドラマこそ、本作のメインテーマといっても過言ではない。監督のジェームズ・キャメロンは、「この映画の製作が進むにつれて、最終的にはジェイクとその妻ネイティリの物語というよりは、むしろ彼らの子どもたちの物語になりました。彼らはそれぞれとても興味深いキャラクターなので、この作品の大半は、彼らを追っているのです」と明かしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ