プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【YouTubeチャート】SixTONESダンスチューン「Boom-Pow-Wow!」倍増

【YouTube_TOP10】(1/6~1/12)の画像

【YouTube_TOP10】(1/6~1/12)

 今週(2023. 1/6~1/12)のYouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は先週比で5.1%減となり、2週連続で前週を下回った。TOP100の初登場作は6作(先週8作)。

【動画】ライブさながらの臨場感が味わえる「Boom-Pow-Wow! (YouTube ver.)」MV

 今週も1位はOfficial髭男dism「Subtitle」(視聴回数524.9万回)。視聴回数は先週比で10.5%減だが、6週連続7度目の首位獲得となった。そして、23位には、新作「ホワイトノイズ」(同162.1万回)が初登場。前シリーズの「Cry Baby」に続いて、1月7日より放送のTVアニメ「『東京リベンジャーズ』聖夜決戦編」のオープニング主題歌を担当している。本作はアップテンポなロック・ナンバーに仕上がっており、ノンクレジット・オープニング映像がTVアニメ『東京リベンジャーズ』の公式YouTubeチャンネルにて公開された。

 2位(先週4位)に上昇したのは、King & Prince「ツキヨミ YouTube Edit」(同498.5万回)。先週より再生数が10.2%増アップして、自身最高位を記録した。7位(先週9位)には「ichiban YouTube Edit」(同312.4万回)が上昇した。この2作がTOP10入りしてから今週で9週目となる。

 12位(先週40位)に上昇したのは、視聴回数が先週の2倍以上に伸長した、SixTONESのダンスチューン「Boom-Pow-Wow! (YouTube ver.)」(同221.0万回)。1月4日にリリースされた3rdアルバム『声』のリードトラックで、すでに年末の音楽番組で披露されている。同アルバムは、自己最高初週売上となる51.7万枚を記録して、1/16付オリコンアルバムランキングで1位を獲得している。ミュージックビデオ(MV)は、メンバーそれぞれが6つの光るステージの上に立ち、ライブさながらのパフォーマンスを披露。観客に見立てたマネキンが各ステージを取り囲む演出になっており、“いつの日かまた<熱い声で会場をひとつにしたい>”という願いが込められているという。

 19位に再登場したのは、デビュー10周年を迎えたバンド、マカロニえんぴつ「なんでもないよ、」(同183.5万回)。1月6日にYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』に出演して、人気曲「なんでもないよ、」を披露したことが影響したものと考えられる。1月13日スタートのTBS系金曜ドラマ『100万回 言えばよかった』の主題歌「リンジュー・ラヴ」を手がけており、3月8日には同曲を収録したEP「wheel of life」をリリースする。

 29位(先週39位)に上昇したのはmilet, Aimer & 幾田りら「おもかげ(produced by Vaundy)/THE FIRST TAKE」(同127.9万回)。YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』のコラボレーション企画から生まれたナンバーで、Vaundyが手がけた楽曲をmilet、Aimer、そしてYOASOBIのボーカルとしても活躍する幾田りらの3人が歌っている。大みそか恒例『第73回NHK紅白歌合戦』で、同曲をVaundyも含めた4人で披露して、視聴者に大きなインパクトを与えたようで、先週TOP100に再登場し、今週TOP30入りした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ