プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『犬王』&野木亜紀子、アニメーション界の“アカデミー賞”「第50回アニー賞」2部門ノミネート

湯浅政明監督『犬王』(C)2021 “INU-OH” Film Partnersの画像

湯浅政明監督『犬王』(C)2021 “INU-OH” Film Partners

 湯浅政明監督によるアニメーション映画『犬王』(公開中)が、アニメーション界の“アカデミー賞”と言われる「第50回アニー賞」長編インディペンデント作品賞に、脚本を手がけた野木亜紀子が脚本賞にノミネートされた。

【動画】湯浅政明監督『犬王』本予告映像

 湯浅監督作品が長編インディペンデント作品賞にノミネートされるのは『きみと、波にのれたら』(2021年)以来、2度目。『アドベンチャー・タイム』でのTV部門監督賞へのノミネートも併せると3度目となる。受賞した場合、日本製作の作品としては、18年の『未来のミライ』(細田守監督/スタジオ地図)に次ぐ快挙となる。

 脚本賞は宮崎駿監督が『千と千尋の神隠し』(02年/スタジオジブリ)、『風立ちぬ』(13年/同)がノミネートされて以来となる。

 受賞作品は日本時間2月26日(現地時間25日)にロサンゼルスで予定されている授賞式で発表予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ