プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

山里亮太『たまむすび』終了報道で“大暴れ”「エピソード0からいるオレを…」 赤江珠緒がなだめる

赤江珠緒 (C)ORICON NewS inc.の画像

赤江珠緒 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、17日放送のTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』(月~木 後1:00)に生出演。12日放送の同番組内で、2012年4月のスタートから、11年にわたって繰り広げられてきた「ドラマチック・プログラム」の終幕が伝えられたことを受け、ほかのメンバーと比べて、自身と土屋礼央が直前まで知らされなかったことを受け、冒頭から赤江珠緒に思いをぶつけていった。

【写真】武道館の舞台で…軽快な漫才を披露した山里亮太&赤江珠緒

 山里が「おいおいおい!」と切り出すと「ワシわい!冗談じゃない、先週の木曜聞いてたら。この『たまむすび』は、何度オレを辱めたら気が済むのか」と大暴れ。「オレに関しては、たまむすびが始まる、放送しない“プレたまむすび”をやったのよ。エピソード0からいるこのオレをさて置いて…。かつ、一番の辱めは、12月に聞いた身で一番恥ずかしいこと気づいていますか?武道館のパンフレットで、みんな、『たまむすび』に対する思いを語っているんです。確かに、オレ以外の人たちはいかに楽しかったのか、若干思い出寄りに書いているんです。ピュアな山里は『ずっと続けていきたいですね』って書いているんです」と嘆きが止まらなかった。

 その上で「オレは怒っているんじゃないの、暴れてるの。一番暴れポイントは、先週の木曜日のレオレオ(土屋礼央)がめっちゃよかったこと。あんないいコメントはズルい。あのタイミングで、あのクオリティーのコメントを言えるのはすごいと思うのよ」と賛辞。赤江は「武道館は、リスナーさんに何か恩返しをしたいと思って、山ちゃんとレオレオは、明るく楽しく盛り上げてくれる、飛行機でいったら両翼みたいなところがあるから、止まらない方がいいなという、首脳陣の判断で」と明かし、その後は“赤坂一回キャンディーズ”らしく、軽妙なかけあいを披露していた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ