プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『罠の戦争』亨(草なぎ剛)の復讐劇スタート 熱演に反響&エール「さすが草なぎくん」「毎週月曜10時が楽しみ」

カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『罠の戦争』第1話より(C)カンテレの画像

カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『罠の戦争』第1話より(C)カンテレ

 俳優の草なぎ剛が主演する、カンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『罠の戦争』(毎週月曜 後10:00)第1話が16日に放送された。ラストの衝撃展開に反響が寄せられている。

【場面写真】見習いとして入社するも…裏がありそうな蛯沢眞人(杉野遥亮)

 同作は弱者による強き権力者への復讐劇で、愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、悪しき政治家を失脚させる痛快なエンターテインメント。草なぎは、衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎)の第一秘書を務める鷲津亨を演じている。

 初回放送では、亨が招待客の対応に追われている中、妻の可南子(井川遥)から、中学生の息子・泰生(白鳥晴都)がけがをして、意識不明の重体だと知らせが入る。何者かによって歩道橋から突き落とされたという。うろたえる可南子を安心させる亨だったが、犬飼の失言が炎上して仕事に戻らざるを得なかった。

 翌日、何らかの事件に巻き込まれたと心配をする亨に、捜査を担当する刑事から“事故”の可能性を告げられる。さらには犬飼からも事故で納得するよう要求され、受け入れられないならと横領の罪を着せられそうになる。結果、亨は要求を受け入れるが、可南子とともに復讐を誓った。

 ラストでは大どんでん返しも。視聴者からは「久しぶりにツヨポンの迫真の演技見られた」「さすが草なぎくんだし脇も強すぎ」「毎週月曜10時が楽しみ!」といった喜びの声や「続きが気になる」「目が離せない展開」「頑張れ…!」「テンポよくてハラハラする」「わなわなする展開…早く続き見たい」といったエールが送られた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ