プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

清原惟監督『すべての夜を思いだす』ベルリン映画祭に正式出品決定

初長編から2作品連続でベルリン映画祭に選出された清原惟監督の画像

初長編から2作品連続でベルリン映画祭に選出された清原惟監督

 現地時間2月16日~26日にドイツで開催される「第73回ベルリン映画祭」のフォーラム部門に、「第26回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」スカラシップ作品『すべての夜を思いだす』(清原惟監督)の正式出品が決定した。

【画像】映画『すべての夜を思いだす』ポスタービジュアル

 同映画は、多摩ニュータウンですれ違う、世代の異なる3人の女性たちのある一日の物語。誰かにとって大切な記憶が、ほかの誰かの一日と呼応する。街に積み重なる時間の痕跡に触れ、小さな変化が起きていく。

 フォーラム部門は、斬新な視点を提示する新進の映像作家たちを紹介する部門。清原監督は、「PFFアワード2017」でグランプリを受賞した初長編映画『わたしたちの家』が、18年の「第68回ベルリン映画祭」の同部門で上映されており、カンヌ、べネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつベルリン映画祭で、初長編から2作品連続で上映される快挙となる。フォーラム部門は4年前に運営メンバーが交代となっており、清原監督作品に初めて触れた選考メンバーの「全員一致で招待が決まった」とのこと。

 同部門ディレクターのクリスティーナ・ノード氏は「冒頭のカットから、これは特別な映画だ、と直感しました。3人の女性の一日を、離れたところから、ゆったりと見つめる。その『場所』の素晴らしさにときめきながら、一緒に歩いていく。『すべての夜を思いだす』は、眩しく、優しく、時に爽やかな風が通り抜けるあの夏の日、のような映画です」と絶賛している。

 清原監督は「『わたしたちの家』で初めて呼んでいただいた国際映画祭である
ベルリン映画祭で、再び上映できること、とてもうれしく思います。一日の小さな旅の映画が、そのゆっくりとした歩みで海のむこうへと旅立っていくのを、楽しみに見守りたいです」とコメント。来月、ベルリンの観客からどのような反応が出るのか注目だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ