プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『どうする家康』元康出生の“秘密”にネット沸く「干支詐称」「白兎の伏線回収キターw」

大河ドラマ『どうする家康』の場面カット(C)NHKの画像

大河ドラマ『どうする家康』の場面カット(C)NHK

 人気グループ・嵐の松本潤が主演する大河ドラマ『どうする家康』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第2回「兎と狼」が、15日に放送された。

【写真41枚】松本潤、有村架純、岡田准一、北川景子ら…”41人の扮装写真”を一挙公開!

 今作が初大河となる松本は、誰もが知る偉人・徳川家康を演じる。国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし、三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する乱世に飛び込む。そして豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者(つわもの)たちと対峙し、死ぬか生きるか大ピンチをいくつも乗り越えていく。

 第2回は、織田軍に包囲され、絶体絶命の松平元康(松本潤)。だが、なぜか織田信長(岡田准一)は兵を引く。元康は慌てて大高城を飛び出し、瀬名(有村架純)を残す駿府に帰ろうとするが、家臣団は故郷の三河に戻りたいと猛反対。元康は渋々三河へ向かうが、敵の罠にはまり、重臣の鳥居忠吉(イッセー尾形)が大けがを負うなど松平軍は壊滅状態に。何とか岡崎の大樹寺に逃げ込んだが…というストーリーだった。

 ラストは、元康誕生まで時が遡り、母・於大の方(松嶋菜々子)が我が子を抱きながら「この子はきっと強い武者になりましょう。何せ、寅の年、寅の日、寅の刻に生まれましたゆえ、寅の化身のように逞しくなるに違いありません」と満足そうに語る。父・松平広忠(飯田基祐)から「於大よ、年が明けて、今年は兎(卯年)じゃ。となると、兎の…」と指摘されたものの、於大の方は「寅です。数日早く生まれたことにすればよいのです。この子は寅の生まれ、寅の子です。兎などいけませぬ。狼に狩られてしまいます」と制した。

 ファンからは「白兎の伏線回収キターw」「兎年生まれなんかい!」「これは本人もビックリでしょ」「いいオチだw」「干支詐称してまでもこだわらなくてもいいのでは」「まさかのサバ読みでしたw」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ