プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

木村拓哉“風間公親”、鋭い眼光の場面写真公開 『教場0』の制作過程に驚き「こういう作り方をするんだ」

4月スタートの『風間公親-教場0-』に出演する木村拓哉 (C)フジテレビの画像

4月スタートの『風間公親-教場0-』に出演する木村拓哉 (C)フジテレビ

 歌手で俳優の木村拓哉が主演する、4月スタートのフジテレビ系月9ドラマ『風間公親-教場0-』において、木村演じる主人公・風間公親の場面写真と木村のコメントが到着した。

【写真】義眼でない風間(木村拓哉)…鋭い眼差しを向ける

 警察小説の新境地としてシリーズ累計100万部突破のベストセラーとなった長岡弘樹氏の『教場』シリーズを脚本・君塚良一氏、演出・中江功氏で、2020年と2021年に新春SPドラマとして放送。今回の連ドラ版ではSPドラマで風間公親(木村)が教官として警察学校に赴任する以前、新人刑事の教育に“刑事指導官”として当たっていた時代を描く。

 その頃の風間はまだ右目が失われておらず、両方の“眼”で誰よりも早く真実を見抜き、指導する後輩刑事とともに事件に挑んでいた。昨年から撮影がスタートした今作から初解禁となった場面写真には、そんな“義眼”ではない風間の眼鏡越しに光る力強い眼が。その眼の先に映るものとは。写真には今作のさまざまなヒントが散りばめられているという。

 木村は「今回の風間は刑事指導官という立場で、異動してきた若手刑事を指導しながら、事件の捜査もしていきます。一本のドラマなのにこういう作り方をするんだ?っていう構造になると思います。僕も今までいろんな作品をやってきましたが、今回のような作り方をしたことはありません。連続ドラマとして、“どこがどう連続”になっているのか、『教場』の1作目、2作目を受け取っていただいた皆さんにしっかり楽しんでもらいたいし、喜んでもらいたいです」とコメント。

 刑事時代の風間が後輩刑事たちと担当する事件を経て、点と点が結びつき、「風間教場」の先へとつながる線となっていく。そして物語が終盤にさしかかるにつれ、風間がいかにして“教官”風間公親に変ぼうを遂げたのかが明らかになる。今後は、刑事指導官・風間の指導を受けることになる後輩刑事役のキャストなども続々発表予定としている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ