プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『キッチン革命』追加キャストに林遣都&成田凌 主人公2人の夫役に「全員が“上がっていく”物語を見て」

25日放送スペシャルドラマ『キッチン革命』に出演する(左から)林遣都、葵わかな(C)テレビ朝日の画像

25日放送スペシャルドラマ『キッチン革命』に出演する(左から)林遣都、葵わかな(C)テレビ朝日

 俳優の林遣都、成田凌が、3月25・26日に放送されるテレビ朝日系スペシャルドラマ『キッチン革命』に出演することが決定した。

【写真】第2夜に出演し夫婦役を演じる成田凌&伊藤沙莉

 同作は、実在の女性2人をモデルに、日本の未来のために奮闘した彼女たちの姿を力強く描き上げるスペシャルドラマ。第1夜の主人公で、現代でいうレシピ=“料理カード”を作った女性医師・香美綾子を葵わかなが演じ、壮年期の綾子を薬師丸ひろ子が演じる。第2夜は、ダイニングキッチンを発明して台所を改革した日本初の女性建築家・浜崎マホを伊藤沙莉が演じる。

 25日に放送される第1夜に出演する林は、綾子が入局する東京帝大医学部附属医院の先輩医師であり、のちに彼女の夫となる香美昇一を演じる。男尊女卑が根強い時代に、ただひとり偏見にとらわれることなく、真摯に綾子に接し、やがて人生を共にすることになる。

 林は「社会の風潮や常識にとらわれず、目標に向かって道を切り拓いていく女性たちの物語です。“自分を大切に生きていこう”というパワーをくれる作品」と本作の魅力を説明するとともに、「昇一は優秀な研究者。でも当時の男性らしくない平等な考えを持っており、心やさしく愛らしい人物として描かれているので、そんなキャラクターをきちんと表現したい」決意を語る。また、妻を演じる葵の演技を「クランクインの日、自分の出番の前にスタジオをのぞいたら、先に撮影に入っていた葵さんのスタジオ中に響き渡る力強い声を耳にして…。脚本で読んでいた以上に綾子さんの持つエネルギーを感じました」と絶賛した。

 26日に放送される第2夜に出演する成田が演じるのは、日本住宅公団日本住宅公団・設計課長の本郷義彦。妻のために明るい台所を作りたいという思いを胸に、マホとともにダイニングキッチンの開発に向けて突き進む。成田は「伊藤沙莉さん演じるマホに感化されて、登場人物全員がどんどん熱を帯びて成長していくのですが、結果はもちろんのことその過程が素晴らしいので、全員が“上がっていく”物語を見てほしいですね」とアピール。

 演じた本郷を「人にはわざわざ見せないやさしさを奥底に持っている人間。この作品は本郷という人間の成長物語でもあると思っているので、彼の成長も見届けてほしいなと思います」と言い、「まわりに流されず、どんどん前に進んでいくマホさんの姿はひたすらかっこいい。見れば必ず元気が出て、前向きになれるドラマです」と魅力を語った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ