プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

広瀬すず、3つの方言ブレンド“空豆語”操る 撮影現場での“猿呼び”「慣れてきました」

TBS火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』制作発表会見に出席した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.の画像

TBS火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』制作発表会見に出席した広瀬すず (C)ORICON NewS inc.

 俳優の広瀬すずが14日、都内で行われたTBS系火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』(17日スタート、毎週火曜 後10:00)の制作発表会見に出席。主演を務める今作で、九州の片田舎で育った浅葱空豆を演じている広瀬だが、3つの方言をブレンドした通称“空豆語”を操っていることが明かされた。

【全身ショット】透け感のある黒のコーデで魅了した広瀬すず

 今作は脚本家・北川悦吏子氏による完全オリジナル作品。九州の片田舎で育った浅葱空豆(広瀬)と、彼女が幼なじみの婚約者を追って上京した先で、音楽家を目指す青年・海野音(永瀬廉)が出会う。なぜか東京の片隅で下宿生活を送ることになった2人による、青春ラブストーリーとなっている。

 広瀬は「北川さんからいただく台本は、しゃべりかけられるんですよね。『かっこよくやって』とか、独特なワールド全開ですごくワクワクしながら…。空豆の内に秘めたものも、ちゃんと台本からメッセージとして取れるので」と力説。自身の役どころについて「本能的という野性的というか、周りが振り回されているんだけど、周りの力になっているような、不思議なエネルギーになっているような感じ」としながら「(せりふで)猪とも猿とも言われます(笑)。毎日のように言われるから。慣れてきました」と満面の笑みを浮かべた。

 北川氏は「広瀬さんの持つ、生命力みたいなものを感じていて、不遜ですけどその発露をあげたいっていうか、どういう風に(広瀬が)広がっていくかなっていう、その扉を開けたいという気持ちを、今までの広瀬さんの作品を見て感じていたんです」と熱弁。「今回も抱えている役どころなんですけど、最初はそうは見えなくて、だんだん抱えているものが見えていくという構成になっていて、それがあるからこそのパワーなので、ただの猪とか猿ではない。失礼なことを書きまくっていますけど」と意図を明かしていた。

 北川氏は、空豆の方言について「九州の人が聞くと『どこの方言?』って思われるかもしれないのですが、宮崎と鹿児島と長崎の3ヶ所をブレンドしています。九州出身にしようと思って、方言を全部聞いてみたんですけど、ピンとくるものがなかったので、ブレンドしようと思って」と説明。「空豆のおばあちゃんが長崎、おじいちゃんが宮崎とか…っていう設定にして、ちゃんぽんにして、ブレンドして、空豆語を作ったので『こんな言葉ないじゃん』って怒らないでください」と笑顔で呼びかけた。

 夏木マリは「3つをブレンドするのって、俳優としては非常に難しい。でもね、広瀬さんは全然、何気にうまいの」と絶賛。広瀬は恐縮しながら「いったん、勢いでいってみようみたいな時もありますよ」と語っていた。

 会見にはそのほか、永瀬廉(King & Prince)、遠藤憲一も出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ