プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

北川悦吏子、広瀬すず主演『夕暮れに、手をつなぐ』に自信 永瀬廉の“左利き”生かした脚本も

TBS火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』制作発表会見に出席した北川悦吏子氏 (C)ORICON NewS inc.の画像

TBS火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』制作発表会見に出席した北川悦吏子氏 (C)ORICON NewS inc.

 脚本家・北川悦吏子氏が14日、都内で行われたTBS系火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』(17日スタート、毎週火曜 後10:00)の制作発表会見に出席。完全オリジナル作品となった今作への思いを語った。

【集合ショット】広瀬すず&永瀬廉ら信頼感あふれる“手つなぎ”

 同作では、九州の片田舎で育った浅葱空豆(広瀬すず)と、彼女が幼なじみの婚約者を追って上京した先で、音楽家を目指す青年・海野音(永瀬廉)が出会う。なぜか東京の片隅で下宿生活を送ることになった2人による、青春ラブストーリーとなっている。

 北川氏は、当初別のタイトル案があったことを明かし「最初は『夜に、手をつなぐ』っていうタイトルを考えたんですよ。なんでかはわからないのですが、自分の中で若者の話を書きたいという気持ちが尽きないんです。自分にとっては、すごく遠くなってしまったけど、なんか永遠に“あの時代”っていうのがあって。今の若い子って夜なのかなっていう感じが、なんとなくして。夜に孤独な人たちが手をつなぐ話。それは具体じゃなくても、感覚的にLINEとかもあるじゃないですか?そういったものを最初は考えたんです」と告白。

 続けて「青春ラブストーリーをやりたいなと思った時に、広瀬すずさんというのは考えていたんです。すずちゃんが今までやってきた役を、ずっと見ていると…『夜に、手をつなぐ』の段階では、もっと暗いイメージの役だったのですが、この人(広瀬)にはつらつして、でもちょっとだけ悲しみがみえるような役がいいかなと、だんだんと自分の気持ちが変わってきた」と打ち明けた。

 その上で「相手役を廉くんがやってくれないかなというのがあって。私、キンプリが出た時から永瀬廉くんのことはいいなと、狙っていたんですけど。この2人のカップリングがすごくいいんじゃないかと思った時に、2人のイメージが夜じゃなくて“夕暮れ”だったんです。ストーリーもガラッと変えました」とタイトルが決まった経緯を明かした。

 さらに「廉くん、左利きなんですよ。左利きということで、エピソードを作っているんですね」と切り出し「それは私にとってはすごく重大なことで、左利きの男の子と出会うのと、右利きの男の子と出会うのって、ラブストーリーにおいて全然違うと思ったので、それはエピソードに入れなきゃとか、そういう風に当て書きをしています」と力説。「私が書いているのは骨格だけなので、そこに手足をつけて、人間にしてくれて、その世界にしてくれるのは、役者のみなさんとスタッフのみなさんなので、それがうまくいくかどうかがドラマの勝負なんですけど、今回はうまくいったって確信しています」と自信をみせていた。

 会見にはそのほか、広瀬、永瀬(King & Prince)、遠藤憲一、夏木マリも出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ