プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

キンプリ永瀬廉、音楽家志望の青年役に共感 ジャニーズJr.時代を思い返す「まだ何者でもないし…」

TBS火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』制作発表会見に出席した永瀬廉 (C)ORICON NewS inc.の画像

TBS火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』制作発表会見に出席した永瀬廉 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・King & Princeの永瀬廉が14日、都内で行われたTBS系火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』(17日スタート、毎週火曜 後10:00)の制作発表会見に出席。同作で、音楽家を目指す青年・海野音を演じている永瀬だが、自身との共通点について語った。

【集合ショット】広瀬すず&永瀬廉ら信頼感あふれる“手つなぎ”

 永瀬は「コンポーザーとして、将来成功したい、これで食べていくんやっていう夢を持っているところでは、僕も今はデビューさせていただきましたけど、ジャニーズJr.の頃はデビューするという夢を追いかけている状況だったり、その中で苦労や挫折も経験しているので、すごく音の気持ちに共感できます」としみじみ。まだ何者でもないし『本当にオレはこのまま夢を追っていっていいのか』っていう葛藤であったり、音に共感できます。そこでほかの人と出会って、音がどう動いていくのか、夢というのも大きな軸だなと思います」とドラマの見どころをアピールしていた。

 今作は脚本家・北川悦吏子氏による完全オリジナル作品。九州の片田舎で育った浅葱空豆(広瀬すず)と、彼女が幼なじみの婚約者を追って上京した先で、音楽家を目指す青年・海野音(永瀬)が出会う。なぜか東京の片隅で下宿生活を送ることになった2人による、青春ラブストーリーとなっている。

 会見にはそのほか、広瀬すず、遠藤憲一、夏木マリ、北川氏も出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ