プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

福士蒼汰、宮野真守への愛爆発「重いって思わないかな?」 わちゃわちゃトークにファン歓喜

ゲキ×シネ『神州無頼街』舞台あいさつに登壇した(左から)宮野真守、福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.の画像

ゲキ×シネ『神州無頼街』舞台あいさつに登壇した(左から)宮野真守、福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の福士蒼汰、声優で俳優の宮野真守が14日、都内で行われたゲキ×シネ『神州無頼街』舞台あいさつに登壇。息のあった“わちゃわちゃトーク”で、ファン歓喜の展開となった。

【動画】仲良すぎる爆笑トークをする福士蒼汰&宮野真守

 今作は劇団☆新感線のこれまでの作品とは一味違う“幕末”や“侠客”という、劇作家・中島かずき氏が「いのうえ歌舞伎」では取り上げなかった題材を用いて、わい雑で妖しくヤクザで摩訶不思議な物語を描く。福士は物語の主人公で博識の若き町医者・秋津永流(あきつ・ながる)、宮野は陽気でお調子者の口出し屋・草臥(そうが)を演じる。

 宮野が、いきなり「えっと、最後がですね」と冗談交じりに呼びかけると、福士が「やめて(笑)!」とツッコミ。今作の試写も2人で見たようで、福士が「誰もいない劇場で、2人だけで観ました」とうれしそうに明かすと、宮野が「先に劇場に入って『こんなところだよ』って写真を送ってくれたり、『どこ座る?ここがセンターだよ』って教えてくれました」と笑顔を見せた。

 仲の良さの理由について、宮野は「微妙に畑が違うからこそ、気兼ねなく言い合える。それぞれの意見で、いろんな解釈で話せたのが…」と力説。福士のターンになるも、笑顔のままで無言だったため、宮野が「聞いてた(笑)?」と呼びかけると、福士が「完全に同意!異論なしって思って」と満面の笑みで明かした。

 福士が「次舞台あいさつがあるとき、マモちゃんがいなかったら、あんまりやる気が起きないかも」と投げかける一幕も。福士が「僕がボケることに対して、全部ツッコんでくれる、やさしさ・包容力。たまに大丈夫かなって思うんです。僕のこと重いって思わないかな」と打ち明けると、宮野が「重い(笑)?恋人の距離感!」と笑いながらツッコんでいた。

 さらに、福士のマイクが入らず、地声で「あれ、マイクが…」とつぶやくと、宮野がすぐさま駆けつけ「お前が押しちゃったんだよ(笑)!『あれ、マイクが…』じゃないよ」とわちゃわちゃ感あふれるかけあいを見せていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ