プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

木村拓哉、自分を求める“現実的な存在”に感謝 信長役の決意「“生身の人間”を見せたい」

『AERA』1月16日発売号表紙を飾る木村拓哉の画像

『AERA』1月16日発売号表紙を飾る木村拓哉

 俳優の木村拓哉が、16日発売の『AERA』2023年1月23日号の表紙に登場する。映画『レジェンド&バタフライ』で織田信長を演じる木村は、信長の迫力や存在感をそのままたたえており、インタビューでは「生身の『信長』に一対一で向き合った」と、信長やこの作品への並々ならぬ思いを打ち明けている。

【写真】『レジェバタ』濃姫を演じた綾瀬はるか

 木村は、信長について「歴史とともに大きくなったイメージをはぎ取って“生身の人間”を見せたい」と語る。濃姫役の綾瀬はるかとは3度目の共演となるが、現場では2人で話し合い、作戦を立ててシーンを構築していったと、息ピッタリの様子を明かした。

 昨年は「ぎふ信長まつり」に46万人が集まったことも話題に。「自分を求めてくれる“現実的な存在”が、自分のとても大きな支えになっています」と語る。撮影は蜷川実花氏が務め、幻想的な森の中に迷い込んだようなセットの中で、唯一無二の存在感を放つ木村の写真の数々が掲載されている。

 巻頭特集は「戦国武将に学ぶリーダー力」、好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、前回に続き、舞山秀一氏と九十九里浜の海での撮影となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ