プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

野村萬斎、息子・裕基に『ハムレット』引き継ぐ 岡本圭人&藤間爽子も登場するビジュアル公開

舞台『ハムレット』に出演する(左から)藤間爽子、岡本圭人、野村裕基、野村萬斎、若村麻由美 (C)宣伝美術 秋澤一彰 宣伝写真 山崎伸康の画像

舞台『ハムレット』に出演する(左から)藤間爽子、岡本圭人、野村裕基、野村萬斎、若村麻由美 (C)宣伝美術 秋澤一彰 宣伝写真 山崎伸康

 狂言師・野村萬斎が演出・出演する舞台『ハムレット』が、3月6日から19日まで東京・世田谷パブリックシアターにて上演される。今作では王子ハムレット役を、萬斎の長男であり弟子でもある狂言師・野村裕基が演じ、このほか岡本圭人、藤間爽子、釆澤靖起らフレッシュな面々と、若村麻由美、村田雄浩、河原崎國太郎らベテラン勢が脇を固める。22日のチケット一般発売に先駆け、出演者が各々の役にふんしたビジュアルを公開された。

【写真】野村萬斎、岡本圭人ほか豪華俳優陣8人のキャストビジュアル

 2002年から芸術監督として同劇場をけん引してきた萬斎が、任期中最後の公演として2022年2月に上演し、次代の演劇人たちへメッセージを託した舞台が「戯曲リーディング公演 『ハムレット』より」。自身も複数回タイトルロールを演じてきた『ハムレット』を、狂言師であることの特質を存分に活かしながら、古典と現代劇の融合を試み、ハムレットのアイデンティティーを追求していく視点で構成した舞台は、萬斎ならではの『ハムレット』として好評を博した。

 今回は、萬斎が引き続き演出を手掛けると共に、ハムレットを導く亡き父王の亡霊と、その父を暗殺しハムレットの母をめとる叔父王クローディアスを演じる。父とその敵という相反する2役を通して、子息であり芸の弟子でもあるハムレット役の裕基と、舞台上で対峙する。

 裕基は昨年2月のリーディング版『ハムレット』は、狂言以外の舞台に初出演。幼少の頃より狂言で鍛え上げられてきたセリフ術と、堂々とした立ち居振る舞いが、孤高の王子ハムレット像を際立たせ、客席からのかっさいを浴びた。萬斎も1990年24歳の時に、翻訳劇のデビュー作として演じたハムレット役で、父からのバトンを引き継ぐことになる。

また、恋人のオフィーリアの兄・レアーティーズと廷臣ローゼンクランツには岡本、オフィーリアは藤間、ハムレットの腹心ホレイシオには釆澤が起用。『子午線の祀り』(2017年、21年)では萬斎演じる平知盛の思い人・影身の内侍を演じ、リーディング公演で格調高く王妃ガートルードを演じた若村が引き続き同役を演じ、レアーティーズとオフィーリアの父親ポローニアスには村田、旅芸人一座の座長や墓堀役で河原崎が登場する。

■キャストコメント

▼野村萬斎
ハムレットのタイトルロールを2回経験しての3度目の挑戦である。とは言え、この度は演出と、ハムレットを導き惑わす父王の幽霊、そして敵対する叔父王の役である。ハムレット経験者である私がこの二役を演じること、そして師弟関係にもあり常に共演者(ライバル)である息子・野村裕基と組むことに、演出の大きなキモがある。この戯曲では血縁が複雑に絡み、しかし家庭劇には収まらぬ国家存亡の危機が横たわる。
私たち親子にとっては日本の伝統的文化存亡の危機が重なって見える。
一方現実社会では、隣国同士が戦争を始め、元首相が暗殺され、女王の死を目の当たりにした。そしてデジタル化が進む白か黒かの二進法的世界では割切れぬ灰色の現実の苦悶。まさにハムレットな状況がある。
『子午線の祀り』以来の素晴らしい共演者、共同創作者に恵まれた。
新たに参加してくれるメンバーも実にチャーミング。乞うご期待!

▼野村裕基
ハムレット役をさせていただきます、野村裕基です。2022年2月にリーディング公演でハムレットをさせていただきましたが、
この度いよいよ本格的なストレートプレイとして初めて舞台に上がる機会をいただきました。師匠でもある父の、ハムレット像を上手く自分に落とし込んで演じることを目標にしたいと思います。普段の古典芸能とは少し違う自分にも、せひご期待頂きたいと思います。

▼岡本圭人
子供の頃からシェイクスピア作品に触れ合ってきた自分にとって、シェイクスピアの言葉を紡ぐことは憧れでした。野村萬斎さん演出のもと、かつて自分が魅了されたハムレットの物語をお客様に感じていただけるように、そして舞台の上で役として生きられるように一生懸命稽古に励んでいきたいと思います。

▼藤間爽子
私にとって初めてのシェイクスピア作品です。
ハムレットという作品が放つ圧倒的な存在感に正直怖気付いておりますが、野村萬斎さんの織りなす世界観に思いっきり飛び込んでみたいと思っています。
約400年前に作られたこの作品を、現代の人々の心にどう届けるのか。
幕が開くまで沢山悩み、真摯に向き合っていきたいです。
また同じ古典芸能の世界で生きる野村裕基さんと共演できますことも、とても楽しみです。
他にはないハムレットが誕生するような気がしています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ