プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

三宅健、関西弁マスターを決意 電話で役作り「きのうはトミーズ雅さん、その前は鶴瓶さん…」

関西弁マスターを決意した三宅健 (C)ORICON NewS inc.の画像

関西弁マスターを決意した三宅健 (C)ORICON NewS inc.

 俳優で歌手の三宅健(43)が13日、大阪市内で劇団☆新感線の舞台『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』の合同取材会に出席した。関西の港町を舞台にしたストーリーで「関西弁をマスターしたい」と張り切った。

【写真】三宅健がヤクザに!ド迫力のポスタービジュアル

 シェイクスピアの名作『オセロー』を大胆に翻案し、戦前・戦中の日本の港町を舞台に描いた『港町純情オセロ』(2011年上演)を12年ぶり再演。今回は物語を戦後とし、歌謡曲などを織り交ぜ、ヤクザ者の悲喜劇を描く。三宅は劇団☆新感線に初参加となり、純情な主人公オセロを演じる。

 三宅は「最初にお話をいただいた時は、(役柄が)屈強な男というイメージがあって、線が細い僕に務まるんですか?というお話をした」と振り返りながらも、演出家いのうえひでのり氏(62)からの依頼に快諾。「これまでシェイクスピアにふれたことのない人もなじみやすいのでは」と呼びかけた。

 また、三宅は「関西の設定になっているのが一つのミソ」とし、「関西弁でやることで普通にシェイクスピアをやるよりも見えてくるものがあるのでは」と期待。大阪公演に向け「体になじませて、日々、関西弁がしゃべれるようになりたい」といい、「関西の人に電話しまくって、きのうもトミーズ雅さん、その前は鶴瓶さん…」と役作りに励んでいることを明かしていた。

 「2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演 Shinkansen faces Shakespeare」として、3月10日~28日に東京・豊島区の東京建物Brillia HALL、4月13日~5月1日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで上演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ