プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ロングコートダディ兎、新年にコロナ感染してダウン明かす 『M-1』特需も「どんな仕事が来ているかわからない」

「よしもとアカデミー」で特別授業を行ったロングコートダディ(左から)堂前透、兎の画像

「よしもとアカデミー」で特別授業を行ったロングコートダディ(左から)堂前透、兎

 お笑いコンビのロングコートダディ(堂前透、兎)が12日、大阪市内で『よしもとアカデミー』特別授業の講師を務めた。昨年末の『M-1グランプリ』で3位となったが、年明けに兎が新型コロナウイルスに感染してダウンしていたことを明かした。これが仕事復帰となった。

【写真】『M-1』2位と3位 さや香&ロングコートダディのちょっとシュールな4ショット

 兎は今月4日に自身のツイッターで、コンビの劇場出演キャンセル情報とともに「すみません、本当に申し訳ないです」と伝えていた。この日は「10日ぐらい休んでた」と振り返り、『M-1』特需についても「どんな仕事が来ているかわからない状態」とした。

 『M-1』ではマラソンネタが話題となり、相方の堂前は「マラソン関係のお仕事が何個か入った」といい、「個人的に走り込みもしております。マラソンランナーとしての自覚を持って1年を過ごしたい」と意気込んだ。

 またロングコートダディは、昨年の『キングオブコント』でもファイナリストになっており、特別講義では賞レースに関する質問が次々と寄せられた。対して、堂前はNSC時代の心残りとして「もっと女の子と遊んでおけばよかった」とし、日頃の経験こそが重要と説いた。兎も「遊んでください」と呼びかけた。

 吉本興業グループの教育機関は、従来の「NSC」に加え、2021年4月から「クリエイティブ」「パフォーミング」「デジタルエンタテインメント」の3つのジャンルの養成スクールと、高卒資格が得られる「吉本興業高等学院」を加え、「よしもとアカデミー」として刷新。エンタテインメント全般のカリキュラムを学べる。2023年度生徒を募集中。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ