プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『花嫁未満エスケープ 完結編』第2話あらすじ ゆう(岡崎紗絵)、作良(井上祐貴)に恋の予兆

テレビ東京ドラマ25『花嫁未満エスケープ 完結編』第2話より(C)「花嫁未満エスケープ 完結編」製作委員会の画像

テレビ東京ドラマ25『花嫁未満エスケープ 完結編』第2話より(C)「花嫁未満エスケープ 完結編」製作委員会

 俳優の岡崎紗絵(27)が主演を務める、テレビ東京ドラマ25『花嫁未満エスケープ 完結編』(毎週金曜 深0:52~)の第2話が、きょう13日に放送される。

【場面写真】手が触れそうで触れない…ドキドキの岡崎紗絵&井上祐貴

 前作は、250万ダウンロードを超えるBookLive発の同名電子コミックが原作で、“結婚適齢期”を迎えたアラサー主人公が結婚に踏み切らない今カレと高校時代の元カレの三角関係で揺れる恋愛模様が描かれた。「完結編」では、前作から半年後、駆け出しのデザイナーとして仕事にまい進し、恋愛から遠ざかっていた岡崎演じる主人公の柏崎ゆうに、再び恋の兆しが訪れることで登場人物たちの物語が動き出す。原作にはない完全オリジナルのラブストーリーとなっている。

 第2話で、ゆうはウエディングドレスのデザイナー・作良亮介(井上祐貴)からドレス作りを手伝ってほしいと頼まれる。坂本美沙(小林涼子)と三田亜衣(松村沙友理)は、恋の予兆だと色めきだつが、ゆうは「どちらとも恋愛はない」と一蹴。ところが、作良を手伝う中で、プロとしての思いを知り、特別な思いが芽生え始める。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ