プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

PRS Guitars、23年ニューモデル一挙発表 「Modern Eagle V」や『S2』10周年モデルなど多彩な顔ぶれ

PRS Guitarsの2023年ニューモデル「Modern Eagle V」の画像

PRS Guitarsの2023年ニューモデル「Modern Eagle V」

 ギターブランド「PRS Guitars」を展開するPaul Reed Smith Guitars Japanが11日、2023年のニューモデルを一挙に公開。名モデル「Modern Eagle」をブラッシュアップさせた「Modern Eagle V」が新たにラインナップに加わった。

【写真】音色パターン全9種!多彩なサウンドを作り出すPRS最新モデル「Modern Eagle V」

 2004年に発表された初代「Modern Eagle」は、当時の『CORE』シリーズにおける最高峰のモデル。今回発表された「Modern Eagle V」は、そのDNAを受け継ぐギターとして同シリーズに加わる。

 ピックアップはH-S-H配列で、トレブル&ベースポジションにはTCI、ミドルポジションにはNO-01をそれぞれ搭載している。コイルスプリットに対応するミニスイッチを組み合わせることで、計9パターンのピックアップセレクトが可能。クラシックなサウンドからモダンな音色までプレイヤーのあらゆるニーズに応えつつ、レコーディングやライブなどあらゆるシーンで活躍する。

 25インチスケール/22フレット仕様のネックにはマホガニー、指板にはローズウッド、ボディーはメイプルトップ+マホガニーバックという構成。Phase IIIペグやGen IIIトレモロといった同社オリジナルのハードウェアが採用されていることもポイントになる。

 カラー展開はBlack、Black Gold Burst、Charcoal Burst、Cobalt Smokeburst、Dark Cherry Burst、Eriza Verde、Purple Mist、Yellow Tigerの8バリエーションが用意された。

 同社は今回、本器のリリースのほか、『SE』シリーズにSE McCARTY、SE DGT、SE HOLLOWBODY STANDARD PIEZOが追加されたことや、『S2』シリーズの10周年記念モデル、最新アンプ「SONZERA 20」の発売決定なども併せて公表した。

■PRS Guitars CEO・Paul Reed Smith氏コメント
「Modern Eagleシリーズには、新たな木材とサウンドの発見を反映させてきましたが、それは常に過去のモデルに対する挑戦でもありました。Modern Eagle Vは、製造過程におけるクラフトマンシップだけでなく、電装回路のデザインにおいても洗練された楽器です。我々はピックアップの音色をさらに改良した上で、今回このModern Eagle VをCOREのラインナップに加えられることを、とてもうれしく思っています」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ