プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

レイザーラモンRG、吉本興業の文字入り靴下のまま緊急搬送「アイデンティティを感じました」

尿管結石で緊急搬送されたことを明かしたレイザーラモンRG (C)ORICON NewS inc.の画像

尿管結石で緊急搬送されたことを明かしたレイザーラモンRG (C)ORICON NewS inc.

 お笑い芸人のレイザーラモンRG(レイザーラモン、48)、小川暖奈(スパイク、32)、アントニー(マテンロウ、32)が11日、都内で行われた『ホイサム×スニーカー同好会 コラボソックス』お披露目記者発表会に出席。レイザーラモンRGと小川がデザインを担当したコラボソックスを着用して登場した。

【写真】あるある熱唱中のレイザーラモンRG

 レイザーラモンRGは、吉本興業の字が大きく描かれたソックスを着用。「英語とか書いてあるとかっこいいじゃないですか。なので『吉本興業』の文字を入れてみたらどうだろうとボケのつもりでやったら案外良くて」と想像以上の出来に大喜びだった。アントニーも「日本のとんでもないコメディー集団だって言ったらいけそうですよね」と海外進出も視野に大絶賛した。

 さらに、レイザーラモンRGは、靴下にまつわるエピソードとして「尿管結石になって救急車で運ばれたんです」と告白。「そのとき、家にあるものを痛い痛いって言いながら、バッと着て行ったら、靴下がこれしかなくて」と吉本興業の文字入り靴下で緊急搬送されたことを明かした。これにはアントニーも「看護師さんとかもこんなにも愛が強いんだって感じるよね」とびっくり。「自分のアイデンティティを感じました」と満足げな表情を見せた。

 最後には、お馴じみの「靴下あるある」をTOKIOの「LOVE YOU ONLY」に合わせて「ソックスこの辺薄くなりがち」と指の付け根を指しながら披露。あるあるをなかなか言ってくれないレイザーラモンRGだったが「今回のソックスはあえてここの生地は厚くしています」と商品をしっかりアピールした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ