プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

坂ノ上茜、アクションでアクシデント 足の指を脱臼も小沢仁志から「やるのか、やらないのか。どっちだ」

映画『BAD CITY』完成披露上映会の舞台あいさつに登壇した(左から)坂ノ上茜、小沢仁志 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『BAD CITY』完成披露上映会の舞台あいさつに登壇した(左から)坂ノ上茜、小沢仁志 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の小沢仁志(60)、坂ノ上茜(27)が10日、都内で行われたアクション映画『BAD CITY』(20日公開)の完成披露上映会の舞台あいさつに登壇した。

【動画】小沢仁志と息ぴったりの掛け合いを見せる坂ノ上茜

 「顔面凶器」「Vシネマの帝王」などの異名を持つ小沢によるオリジナル脚本(製作総指揮・脚本はOZAWA名義)。製作総指揮として、映画の企画段階から撮影のコーディネートまでこなしているほか、主演として徹底したアクション練習と体づくりを行い、本作ではCGなし、スタントなしの肉弾戦に挑んでいる。

 還暦を迎えた小沢は真っ赤なスーツで登場。しかし、坂ノ上も真っ赤なドレスで小沢は「かぶってるけど…。お前も還暦?」とツッコミを入れて笑わせた。本作で坂ノ上は本格的なアクションに初挑戦した。ただ、クランクイン前にはハプニングが発生。「アクションシーンで殺陣を教えていただいている時に足の指が変な方向を向いちゃって…。それで救急車で運ばれた」と裏話を披露する。

 幸いにも骨に異常はなく、脱臼で済んだそう。テーピングなどの処置をして、小沢らの助けを得ながら撮影をこなした。その際に小沢からカッコいい一言も。小沢の声を再現しながら坂ノ上は「小沢さんは『おい、坂ノ上。大丈夫か、とは聞かねぇ。やるのか、やらないのか。どっちだ』と。『やります』って言ったら『よし』と」と明かし、小沢を照れさせていた。

 舞台あいさつには、坂ノ上茜、勝矢、三元雅芸、山口祥行、本宮泰風、かたせ梨乃、横山剣(クレイジーケンバンド)、園村健介監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ