プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

小沢仁志、還暦でノースタントのこだわり スタントマンのアクションに「ジェラシーがわく」

ノースタントのこだわりを明かした小沢仁志 (C)ORICON NewS inc.の画像

ノースタントのこだわりを明かした小沢仁志 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の小沢仁志(60)が10日、都内で行われたアクション映画『BAD CITY』(20日公開)の完成披露上映会の舞台あいさつに登壇した。

【動画】小沢仁志が爆笑掛け合い!“日本統一”山口祥行&本宮泰風が撮影秘話を告白

 「顔面凶器」「Vシネマの帝王」などの異名を持つ小沢によるオリジナル脚本(製作総指揮・脚本はOZAWA名義)。製作総指揮として、映画の企画段階から撮影のコーディネートまでこなし、主演として徹底したアクション練習と体づくりを行い、本作ではCGなし、スタントなしの肉弾戦に挑んでいる。

 還暦を迎えた小沢は真っ赤なスーツで登場。トム・クルーズと同い年。昨年はトムの『トップガン マーヴェリック』が大ヒットしたばかり、というネタを振られると小沢は「比べられるレベルがスゴいな。そこ比べる?」と苦笑いを浮かべていた。

 戦闘機には乗っていないが、ノースタントのガチンコアクションを披露している。「今まで、基本スタントを使ったことがない。自分がやろうとしていることを人がやっているとジェラシーがわく。スタントは使わないようにしてます」とこだわりを語った。

 最後に小沢は「最近、コンプライアンスだ、セーフティだとかうるさくて、堅苦しい。クソ面白くないので、そういうのを取っ払った。映画ぐらいいいじゃないの、という感じで。熱量のある作品を作りたかった」と作品への思いを明かす。「みんなの思いが1つになった、俺たちのこん身の一撃です。ぜひ、ご覧ください」と呼びかけていた。

 舞台あいさつには、坂ノ上茜、勝矢、三元雅芸、山口祥行、本宮泰風、かたせ梨乃、横山剣(クレイジーケンバンド)、園村健介監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ