プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

中井貴一、生田斗真主演『大河ドラマが生まれた日』出演 父・佐田啓二さんを演じる中村七之助に“形見”預ける【コメントあり】

ドラマ『大河ドラマが生まれた日』に出演する中井貴一の画像

ドラマ『大河ドラマが生まれた日』に出演する中井貴一

 俳優の生田斗真が主演を務める、テレビ70年記念ドラマ『大河ドラマが生まれた日』(NHK総合 2月4日 後7:30)に、俳優の中井貴一が出演することが決定した。「映画に負けない新しい連続大型時代劇を作れ」と大号令を発する、NHK芸能局長・成島庭一郎を演じる。

【写真】『大河ドラマが生まれた日』で主演を務める生田斗真

 本作は、若きテレビマンたちによる笑って泣ける大河ドラマ誕生奮闘記で、金子茂樹氏が脚本を手掛ける。生田が、NHK芸能局・ドラマのアシスタントディレクター・山岡進平を演じている。

 中井が演じる成島は、部下からは「親分」と呼ばれ、厳しくも包容力のある人物。報道出身で芸能界に詳しくなく、無茶ぶりに見えるが、誰よりもテレビの未来を見据えている。成島の大号令で放送されたのが大河ドラマの第一作『花の生涯』で、中井の父・佐田啓二さんは同作への出演を決断するが、今作では中村七之助が佐田さんを演じる。中井は、佐田さんの形見の腕時計を七之助に預けて、撮影に臨んだ。

■中井貴一
誰もが手探りで、テレビドラマがどうなっていくんだろうと不安だったテレビのれい明期に、夢を持って必死に漕ぎ出そうとするテレビマンたちの力のようなものが、作品には出ていると思います。そんな人間の生きざまを楽しんで見ていただけたらと思います。撮影中に、父・佐田啓二の扮装をしてくださっている中村七之助さんに会った時は、「僕が映像で見た父にとても似ているな…」と思いました。実は僕も子供のころ、七之助さんのお父さまの勘三郎さん(当時は勘九郎)に似ていると、言われたことがあるんです。七之助さんとは、大河ドラマ「武田信玄」でも父子として共演していたので、とても感慨深かったです。

この時計(編集部注:七之助に預けた形見の腕時計)は、僕が社会人になったときに母から渡された時計のひとつなんです。自分の全く知らない父親の人生の時を刻んでいた時計が、今度は自分の腕で僕の人生の時を刻む…、“時のプレゼント”だとその時に思いました。だから七之助さんには、父の持っていたこの時計を身に着けて、何かを感じながら演じてもらえたらうれしいなと思い手渡しました。僕が今この仕事をしている意味は、佐田啓二という名前を、僕を通して少しでも知ってもらうためなんだと思うことが時々あります。今回のドラマをたぶん父も喜んでくれている気がします。

■生田斗真
中井貴一さんの持つ品格、色気に一瞬で心を奪われました。今回ご一緒する事が出来て本当に光栄です。沢山の学びをいただきました。そして貴一さんが撮影に参加された日は偶然にもお父上であられる佐田啓二さんの御命日でありました。数々の運命がつながったドラマが生まれました。御期待ください。

■中村七之助
歌舞伎の世界では、祖父、曾祖父の衣裳などを着て演じることがよくあるのですが、今回のドラマで、佐田啓二さんの腕時計をして演じ、改めて身が引き締まる思いでした。この時計に、佐田啓二さん、中井貴一さん、中井貴惠さん、佐田さんを好きだったファンの方の思いが宿っていると感じ、パワーをもらいました。撮影の現場に本物があると、演じる役者にとっても大きな力になります。撮影では、中井貴一さんが一日しかスケジュールがなかったのですが、その一日で再会することができました。実はその日が偶然にも、佐田啓二さんの祥月命日だったんです。思わず鳥肌がたちました。かつては大河ドラマ「武田信玄」で中井貴一さんの子供役を演じ、そして今度は中井貴一さんのお父様・佐田啓二さんの役を演じて・・・・。本当に運命を感じました。作品はエンターテインメントですごく面白いです。ぜひこれを見て、大河ドラマの舞台裏にもスタッフたちのドラマがあるんだと感じてもらえたらと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ