プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

青柳翔&佐藤寛太、後輩への愛あるイジりに快感「先輩って最高だなぁ」

『BOOK ACT 2023 NEW YEAR SPECIAL「僕らは人生で一回だけ魔法が使える」』に出演した(左から)青柳翔、前田拳太郎、塩野瑛久、櫻井佑樹、佐藤寛太 (C)ORICON NewS inc.の画像

『BOOK ACT 2023 NEW YEAR SPECIAL「僕らは人生で一回だけ魔法が使える」』に出演した(左から)青柳翔、前田拳太郎、塩野瑛久、櫻井佑樹、佐藤寛太 (C)ORICON NewS inc.

 劇団EXILEの青柳翔と佐藤寛太が9日、東京・ヒューリックホール東京で行われた朗読劇『BOOK ACT 2023 NEW YEAR SPECIAL「僕らは人生で一回だけ魔法が使える」』に出演。公演前には、劇団に新たに加わった新メンバーの塩野瑛久、前田拳太郎、櫻井佑樹とともに、公開ゲネプロと取材会にも参加した。

【写真】後輩への愛あるイジりへの快感を語る佐藤寛太

 『BOOK ACT』は、新春恒例となっている朗読劇。今年も6日から12日までの7日間で11公演、5つの演目をJr .EXILEを中心に劇団EXILEらLDH所属アーティストと俳優陣が、様々な組み合わせで届ける。そしてきょうの公演は、新メンバー塩野、前田、櫻井の3人の加入後初舞台となった。

 取材会では、はじめに新メンバー3人があいさつ。前田は「舞台をやる機会だったり、これまでとは自分がやってきたこととは違うお仕事が増えるのかなと思う」と期待を寄せつつ、「先輩方からいい影響を受けて、自分のお芝居の幅やスキルを身に着けていきたい」と意気込んだ。

 塩野は「前に共演したことのある方たちもいて、心強い。活躍されている方が多いので、ぜひバーターで入れていただければ…」と笑いを誘い、櫻井は「年が一番下で、上には素晴らしい先輩方がたくさんいるので、本当にいろいろな面でスキルアップできる環境だと思う。いろいろなものを盗んでいきたい」と目を輝かせた。

 3人のあいさつを横で聞きながら、時折感心するような素振りも見せていた青柳と佐藤。記者から新メンバーの印象を聞かれると、佐藤は「エレベーターですれ違ったことがあるくらい」と、今回の共演がほぼ初対面であることを明かした上で、「だけど全然緊張することなく、質問にもビシャーッと模範解答を出していて。先輩から見習うって言っていましたけど、何も見習われるところがない(笑)」と苦笑いを浮かべた。

 青柳も「本当にそう」と大きくうなづき、「先輩としてどうあるべきなのか、みたいのを逆に考えさせられる。ダメだなー俺たちって」と笑いを誘った。そして、今回の共演に際しても「アドバイスしたことは何もない」とキッパリ。「3人からいろいろと吸収させていただいて…(笑)」と冗談っぽく言い、佐藤も「俺らは0点の回答でしたね(笑)」と続けた。

 さらに青柳は、「新メンバーを加えた新体制でどのような活動を行っていきたいか」という質問に、「劇団EXILEのすべての権限は前田くんにあるので」とムチャ振り。前田は「今日ずっとこうやってイジられているんですよ」と言い、代表して「今後みんなそろって活動できる機会が増えればいいなと思っております」と答え、「もうやだー!」と思わず照れ笑いをする場面も。

 佐藤はこの前田の姿を見て「耳が真っ赤!(笑)」と笑いながら、「先輩ってこういう振り方ができるんだ、最高だなぁ!」と、愛のあるイジりで後輩の初舞台を祝っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ